« 密命シリーズ最新刊6月発売 | トップページ | わが魂は輝く水なり(2008/5/9) 補足 »

2008年5月10日

わが魂は輝く水なり(2008/5/9)

Photo 水曜日までちょっと取り込んでいるので、ざくっと。萬斎さんと菊之助さんが親子の役で共演するということで、最初驚きましたけれど、萬斎さんが想像よりも老けていたこと(とてもきれいな銀髪でした)と、菊之助さんが若作り?!していたので、全く違和感がありませんでした。

パンフレットを読むと、この戯曲は、源平の戦いの話ではあるけれど、70年代のラジカルな革命集団をイメージしているということでしたが、わたし自身はあまりそういうことをは意識せずに「実盛」の物語として見ていました。むしろ、父と息子の関係、老いの孤独など現代に通じるテーマを捕らえて見ていたように思います。最後のシーンは思わずウルウルしてしまいました。ジワジワと心に染みてくるお芝居でした。もう一回見たいかも。

萬斎さんの普通のお芝居は、「敦-山月記・名人伝-」以外に見たことがないので、興味津々。声というか発声がお能や狂言のときとはかなり違うので、配役を知らされていなければ萬斎さんとは気が付かなかったかもしれません。腰の曲がり具合もなかなか。立ち廻りのときに腰がピンと延びて年寄りとも思えない動きはホレボレ(笑) 最初の出のところもそうですが、さすがに体の動かし方がきれい。

菊之助さんは中性的な感じでした。すねたお顔がとても可愛らしい。通路の出没率が高いとは知らなかったので、真ん中通路よりも後ろの席にすればよかったと後悔。萬斎さんとの親子の会話がほのぼの。すでにこの世にいない息子だからこそ心の内を話し甘える父親。この世にいない息子だからこそ父に面と向かって言える息子。男同士って難しいのねと思う女姉妹で育ったわたし。

いつものごとく良いお声の亀三郎さん。ご活躍でした。お声の良さは天下一品ですので、もうちょっと存在感を出ると良いのですが。しかし、伝芸出身のお三人は、さすがに所作が決まっています。見ていて安心感がありますね。

維盛の長谷川博巳さん。最初出てきたときに、なんだかものすごく場違いというか浮いている感じがして?と思いましたけれど、後半の六郎との遣り取りで得心。維盛さんの鋭い洞察力に思わず笑っちゃいました。

パンフレットにも紹介されているように水に関する印象的な台詞がたくさんでてきます。それ以外に兼平の「義仲の代わりは何人いても、この兼平の代わりはいない」という言葉も印象的でした。

陣幕の紋が「桐蝶」?と気になったのですが、さっき、ネットで調べたら平家の紋は揚羽蝶なんですね(^^;

蛇足:兼光さんがケアリ・レイシェルにとても似ているような気がする。

|

« 密命シリーズ最新刊6月発売 | トップページ | わが魂は輝く水なり(2008/5/9) 補足 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

お芝居については、あとからジワジワくる、いいお芝居でしたよね。観劇直後は、客席内の霧のように、モヤモヤしていたのですが、それがいい余韻になって心に漂っています。「もう一回見たいかも」、激しく同意です(笑)。

伝統芸能出身のお三方。本当に所作や発声が歴然と違いましたね。しかも、それがさりげない。萬斎さんの魅力に、私もほれてしまいました♪

そういえば、「阿古屋」の打掛にも、さりげなく蝶があしらわれていましたっけね!

投稿: はなみずき | 2008年5月10日 06:51

はなみずきさん、こんにちは

正直、そんなに期待して見に行ったのではないのですが(^^; 見ていくうちにジワジワと引き込まれていく感じでした。見終わった後に心地よい余韻が残るお芝居でした。もう一回なんとかならないかなぁとカレンダーとにらめっこしてます。

投稿: kirigirisu | 2008年5月10日 11:49

見ていて、浅間山荘とか(知らないのに)連想しました。巴御前の人、よかったです。萬斎さんの声も体も見事にコントロールした(でもそれを感じさせない)演技に脱帽です。gawkまだもやもやしています。

投稿: urasimaru | 2008年5月10日 19:28

urasimaruさん、こんにちは

役にどっぷり浸かっているというよりは、萬斎さんが萬斎さんという役者を操っているようでした。観客を置いてきぼりにしない達観的な感じが良かったと思いました。お芝居全体も押しつけがましいところがなくて、見ている人それぞれが想像力を働かせることができるのも、このお芝居が好きなところです(^^)

投稿: kirigirisu | 2008年5月11日 12:02

あら。
kirigirisu様、9日観劇でしたの。
わたくども(withおさる)も、9日の夜コクーンにおりました。
なかなか、じわじわと面白い作品でした。
字が沢山書いてあるわっと喜び、パンフレットを購入しました。なんだか、いろいろ読みたくなりました。
(稽古場中のスナップも嬉しかったデス。)
今月は、見ごたえがあって楽しいですねー。
(先月もそうだったけれど・・・)
陣幕の紋、気になりました。萬屋?っておもったもの。なるほど。

投稿: マイチィ☆ | 2008年5月12日 23:54

マイチィ☆さん、こんにちは

同じく9日にコクーンにおりましたぁ。
どっかーん!!とくるのも良いですが、じわじわくるのもなかなか良いですわね。

今月は見ごたえがあるものが多いので嬉しいですね。
早いとこ白浪五人男見に行かないと見損なっちゃうdash

投稿: kirigirisu | 2008年5月13日 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/41152844

この記事へのトラックバック一覧です: わが魂は輝く水なり(2008/5/9):

« 密命シリーズ最新刊6月発売 | トップページ | わが魂は輝く水なり(2008/5/9) 補足 »