« 今年も8月が熱い!! | トップページ | さらに熱ぅ~い8月 »

2008年5月22日

鼓童@大田区民ホール(5/20)

鼓童のONE EARTH TOUR2008行ってきました。今回は20人編成。女性のプレイヤーの割合が多かったようです。一番印象に残ったのは、やっぱり「大太鼓~屋台囃子」。今回の打ち手は見留知弘さん。(鼓童のサイトに見留さんのインタビューが載っています)なんと言っても太鼓を打っているときのフォームがなんとも美しい。りきみがなくて、体幹がぶれない。これは三宅を打っているときにも感じました。重心移動がとてもスムーズで打つ姿勢がとても美しい。大太鼓では後半、荒い息づかいが客席にまで聞こえるのですが、それでも、力まかせに打つことなく、全身全霊、体全体で打ち込む見留さんの深味のある太鼓の世界に引き込まれ浸ったとても気持ちのよいひとときでした。

後印象に残ったのは、モノクローム。これまで何回も聞いたモノクロームですが、今回は、雨、風、深い谷、森の木々のざわめきなど自然現象がふっと脳裏に浮かんでくるようなとても不思議な感覚を覚えました。今年の12月に新日本フィルハーモニーと共演するそうです。

族では、わたくしめの第一のご贔屓、若手の坂本雅幸さんが一人で5つの太鼓を打ちます。拝見するたびごとにパフォーマーとして花開いていくのが嬉しいですね。そしてなによりも若いプレイヤーの演奏を見守り軸として支えるベテランの方々の暖かい眼差しと心意気に感動。

昨年の12月のコンサートはメリハリがあって、太鼓だけの曲がより印象的に感じたのですが、今回は、太鼓だけの曲が多いため、プログラムがやや単調に感じました。三宅は、今回若手の方が中央(前)で演奏されていたようですが、やっぱり三宅は苦しくてもその苦しさを顔に出さない男の心意気を見たい。いつもの三宅よりもちょっとバランスが悪いように感じました。

【演目】
1. 族
2. 扉
3. 木遣り~三宅
4. 水の森
5. モノクローム
6. JANG-GWARA
7. 三寒四音
8. KAGURA
9. たまゆらのみち
10.大太鼓
11.屋台囃子
アンコール 女性5人アカペラ ~ 彩

(演奏時間:休憩なし約1時間50分強)

|

« 今年も8月が熱い!! | トップページ | さらに熱ぅ~い8月 »

鼓童」カテゴリの記事

コメント

こんばんは ♪
kirigirisu さまの鼓童レポをいつも楽しく拝見しています。
私は11日の和光市文化会館でのコンサートを拝見しました。
前から4列目の中央で、太鼓の音がじかに心の臓に響いて、坂本さんの最初の一打から涙があふれて・・・
感動の舞台でした!
12月のオーケストラとの競演もぜひ見に行きたいと思っています。
玉三郎さんと共演してから、鼓童の舞台に何となく玉三郎さんの美意識を感じることがありますが、どう思われますか?

投稿: ミッチ | 2008年5月22日 23:01

ミッチさん、こんばんは

最初の「族」での坂本さん素敵でしたよね(^^)
錦糸町は微妙に遠いのですが、わたしも12月のオーケストラとの共演はぜひとも行きたいと思っています。

恐らく玉三郎さんの影響は多分に受けているだろうと思います。美意識はよく分かりませんが、以前は眉間にタテジワでストイックに太鼓に立ち向かうというイメージがあったのですが、うまく言えませんが良い意味で肩の力が抜けたような感じがします(^^)

投稿: kirigirisu | 2008年5月22日 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/41272374

この記事へのトラックバック一覧です: 鼓童@大田区民ホール(5/20):

« 今年も8月が熱い!! | トップページ | さらに熱ぅ~い8月 »