« 鹿鳴館@新橋演舞場 | トップページ | 夏祭浪花鑑@コクーン(6/23) »

2008年6月22日

能楽現在形 劇場版@世田ヶ谷PT 第二夜

世田ヶ谷パブリックシアターの『能楽現在形 劇場版@世田谷』。観世流、喜多流、宝生流と3日連ちゃんの公演。第二夜<喜多流>見てきました。比べて見るのも面白いので、もし、時間の都合がつけば、観世流も見るつもりでいたのですが、別の用事が入ってしまったので断念。いつもおじゃましている「BoRN To be LIGHT...? 」のmamiさんが2夜連続でご覧になった感想を書かれていますのでそちらをご覧くださいませ(いつもながらの他力本願(^^;)

前回と大きく違うのは、舞台構造。前回は、3本の橋がかりのある舞台でしたが、今回は橋がかりがなく、舞台は黒。萬斎さんがピアノ仕様というような言い方をなさっていたように思うのですが、まさにピアノの表面のよう。舞台の前方は能舞台のような四角形ですが奥に向かって2段階にスロープになっていて、中程と奥に横に伸びる橋がかりのような長方形の舞台装置が設けられています。と文章に書くとなんのこっちゃですが(^^; プログラムに萬斎さんが書かれていた言葉を紹介させていただくと「三間四方の舞台面、橋掛かり、柱など、能舞台の制約から解き放った新しい舞台空間」だそうです。囃子方は舞台の下手、地謡の方々は上手に座られていました。

普段のお能と違い、音響効果や照明もふんだんに使われていて、「うぅ~ん、ここまでしなくてもいいんじゃないのかなぁ~」と思いながら見ておりましたが、ポストトークでの萬斎さんのお話をうかがうと、劇場ならではの演じ方、演劇としての能の可能性というものをある種実験的になさっているようでした。そういう意味では、音響効果や照明で表現されていた部分は、演者の脳内イメージを見せて頂いたと捉えれば面白いものを見せて頂いたと言ってよいのかもしれません。

次回「融」を見る機会があるときは、もう少しイメージを膨らませて見ることができたらよいのですが(^^;

「舎利」は、萬斎さんの言葉をお借りすると宇宙を舞台に繰り広げられる「ウルトラマンvs.怪獣」の戦いだそうです。これは、一度能舞台で見てみたい。舎利を盗んだ足疾鬼(そくしっき)が天井を蹴破るところは、舎利を踏んづけて壊すそうです。

ポストトークでは、シテの狩野了一さんが、舞台は暗いし面をつけていると全く見えない。台から飛び降りるときは目をつぶって飛び降りるのと同じようなもの。体にしみついた能舞台での寸法を今回の舞台に合わせるのが大変だというようなことをおっしゃっていました。あまり多くを語る方ではないので、(萬斎さんに向けて)「言うは易く行うは難し」「無事に帰ってこれて良かった」という言葉で、その心境を表していらっしゃいました。

前半の里人は、舎利を盗もうとする足疾鬼の仮の姿ですが、アヤシイヤツとも思えぬ、とても凛として品の良いお姿でした。後半は、韋駄天との戦いは、慎重に動かれていたような感じで、あまり悪いヤツには見えませんでした。韋駄天の大島さんが勢いがあって素敵でした。

普通のお能を見たければ能楽堂に行けば良いわけですから、劇場版は劇場版として割り切って見るのがよろしいようです(^^) 

ポストトークは、たしか前回は、萬斎さん、広忠さん、幸弘さんは私服だったような気がするのですが、今回は袴姿で登場されました。幸弘さんのだじゃれは、たぶん半開くらい(笑)だったようです。相変わらずのおとぼけぶりに広忠さんがあたふたしながらフォローされているのが微笑ましかったですね。

半能『融 笏之舞(しゃくのまい)』 

シテ:源融の霊 友枝雄人
ワキ:旅の僧 森常好
笛:一噌幸弘 小鼓:成田達志 大鼓:亀井広忠 太鼓:金春國和
地謡:長島茂、金子敬一郎、内田成信、井上真也

能『舎利』 

シテ:里人/足疾鬼 狩野了一
ツレ:韋駄天 大島輝久
ワキ:旅僧 森常好 
アイ:寺の能力 野村萬斎
笛:一噌幸弘 小鼓:成田達志 大鼓:亀井広忠 太鼓:金春國和
地謡:長島茂、友枝雄人、金子敬一郎、内田成信、佐々木多門、井上真也

|

« 鹿鳴館@新橋演舞場 | トップページ | 夏祭浪花鑑@コクーン(6/23) »

「能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/41614987

この記事へのトラックバック一覧です: 能楽現在形 劇場版@世田ヶ谷PT 第二夜:

« 鹿鳴館@新橋演舞場 | トップページ | 夏祭浪花鑑@コクーン(6/23) »