« 芸術祭十月大歌舞伎(2008) | トップページ | ちゃぷちゃぷ復活 »

2008年8月13日

納涼歌舞伎第1部(2008)

終わりよければすべてよし(^^) 「らくだ」おもしろかったぁ~ 涙がでるほど笑って気持ちよく劇場をあとにしました。前回見逃していたので、今回なんとしても見なくっちゃと思っていたのですが、噂に違わず亀蔵さんの怪演にすっかりやられました。いやぁ~笑った笑った(^Q^)

「かんかんのう」を踊るところはもうおかしくて笑い転げてしまいました。黒御簾の曲調が変わって、半次の「丁度いい具合に常磐津が聞こえてきたから、今度はこれに合わせて...」という台詞に思わず「えぇ~!!うっそぉ~!」 常磐津に合わせての振りにはもう涙目(笑) 大家さんちの場面では、もうみなさん大奮闘。大家さんのおかみさんはびっくりしすぎて転げ落ちてました(笑)

こういうお芝居は理屈抜きに大好き。強面で剛の半次と柔の久六のコンビがいいですね。勘三郎さんは、前に前に出てくるよりも、少し引いて受けているお芝居の方が勘三郎さんらしい味わいがあるように思います。三津五郎さんの歯切れのよい江戸弁はいつ聞いてもホント気持ちがいい。小山三さん、見る度にお元気で若くなっているような気がします。小山三さんのように江戸の匂いのする役者さんも少なくなりましたよね。第2部を見に行くときには、もう一度みちゃおうかしらん(^^)

「女暫」は、一生懸命なさっているのはよく分かるのですが、みなさんちょっと力が入りすぎ? こういうお芝居はつきぬけた感じがしないと退屈してしまいます。

「三人連獅子」は傳左衛門さんの小鼓、傳次郎さんの太鼓&長唄さんの演奏を楽しみました。

席:3F1列目上手寄り中央

|

« 芸術祭十月大歌舞伎(2008) | トップページ | ちゃぷちゃぷ復活 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

私も「らくだ」、昨日拝見しました。楽しかったです! 8月歌舞伎座のなかで1番好きかもしれません(笑)。

投稿: はなみずき | 2008年8月14日 06:29

はなみずきさん、こんにちは

昨日はご一緒だったようですね。
ホント「らくだ」面白かったですねぇ。
帰り道、時々思い出し笑いしながら歩いていました(笑)
わたしは、まだ1部だけですが、
こういうの大好き(^^)

投稿: kirigirisu | 2008年8月14日 10:49

こんばんは。
1日違いで、私は今日見てまいりました。
亀蔵さん、サイコーgood 今思い出してもくっくっ笑えますsmile

投稿: SwingingFujisan | 2008年8月14日 19:07

SwingingFujisanさん、こんばんは

ホント、亀蔵さんサイコー
最初お人形さんなのかと思ったくらい。
一日経った今でも笑えます(笑)

投稿: kirigirisu | 2008年8月14日 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/42157269

この記事へのトラックバック一覧です: 納涼歌舞伎第1部(2008):

« 芸術祭十月大歌舞伎(2008) | トップページ | ちゃぷちゃぷ復活 »