« 納涼歌舞伎第3部(8/20) | トップページ | ウーマン・イン・ブラック(8/24) »

2008年8月29日

納涼歌舞伎第2部(8/27)

今週初めに、仕事で久々にBKN話(BKN:バカこくでねぇの略)にやられて取り込んでおりましたangry にもかかわらず、というか、こんな阿呆ことでせっかく取ったチケットを無駄にしたくないという一念(?!)と、気分転換も兼ねて水曜日(27日)に納涼歌舞伎の楽日にらくだ+2部に行ってきました。

今更という気もしないでもないですが、簡単に。

らくだは、2度目でしたので、先日見たときよりも笑いのインパクトは少なかったですが、楽日とあってか大家さんちでの踊りというか大立ち回り(笑)が先日よりも時間が長くパワーアップしていました。前回見たときも「かんかんのう」の踊りよりも、その後の常磐津に合わせての踊りの方がわたし的にはツボでしたが、今回も、しっとりと良いお声に合わせての振りに大笑い。

三津五郎さんの半次や勘三郎さんの久六もさることながら、なんといっても亀蔵さんのとても自然な所作(笑)がこの演目を面白いものにしていたのではないかと思います。

「つばくろは帰る」しみじみとして良いお話でした。お芝居を見る前にあらすじを読んだ感じでは、お涙頂戴的な話でどうかなと思っていたのですが、三津五郎さんのからっとした江戸弁が小気味く、小吉くんの飄々とした自然な子供らしさが好印象。決して上手とは言えないかもしれませんが、小吉くんの素直で健気な子供らしさが可愛らしくて、この子の行く末はどうなるんだろうと感情移入しながらみてしまいました。

文五郎の弟子の三次郎と鉄之助も江戸の職人(江戸っ子)ですが、この世代になると江戸弁をしゃべる人がいないのかなとちょっと寂しく思いました。(というわたしも江戸弁はしゃべれませんが...)勘太郎くんと巳之助くんは良い味は出していましたけれど、せっかく良いお手本が間近にいるのですから、ぜひ江戸弁マスターして欲しいものです。

「らくだ」の小山三さんもそうですが、このお芝居の最初にでてくる茶店のしたたかなお婆さんをなさっていた菊十郎さん。出てくるだけで江戸の空気を感じさせる貴重な脇の役者さんです。こういう役者さんが居てこそお芝居の幅や深みが出てきます。意外と菊十郎さんのお婆さんって味があって良いですね。お爺さんより良いかも(^^)

「大江山酒呑童子」 囃子方の席に傳次郎さん、傳八郎さん、傳左衛門さんが並んでいるわlovelyと喜んで見ていたのですが、いつの間にか思いっきり落ちていました。気がついたときは、すでに酒呑童子は討たれた後。正面の板が段々と持ち上がってきて最後のクライマックスでしたcoldsweats01 歌舞伎座でこんなに思いっきり落ちたのは久しぶりかもしれませぬ。

|

« 納涼歌舞伎第3部(8/20) | トップページ | ウーマン・イン・ブラック(8/24) »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/42314477

この記事へのトラックバック一覧です: 納涼歌舞伎第2部(8/27):

« 納涼歌舞伎第3部(8/20) | トップページ | ウーマン・イン・ブラック(8/24) »