« ホットな葉月をクールに | トップページ | 夏の夜の読書 »

2008年8月 4日

第六回囃子の会(8/2)

土曜日に行ってきました。どの演目も普段舞台では決して見ることができない座組。主催された亀井忠雄さんと田中佐太郎さんならではの豪華な顔ぶれ。ひたすら「すげぇ~!!」と思いながら見ていました。

ちょっと日にちが経ってしまいましたので記憶があやふやなところもありますが簡単に。

「三番叟」傳次郎さん日記によるとお母様の田中佐太郎さんの還暦のお祝いとして、亀井三兄弟が囲み、そして亀井家四男のような勘十郎さんが舞われたいうことのようです。一番最初の演目のせいか、みなさん少し緊張されていたようにお見受けしました。わたしは結構素踊りが好きなので、勘十郎さんの踊りはとても楽しく拝見しました。

「鶴亀」梅玉さんを筆頭に梅枝さん、萬太郎くん、梅丸くんと揃いも揃って「爽やか」という言葉がぴったりの舞踊でした。梅枝さんは見るたびに舞台姿の大きさ・華やかさが増しているようにお見受けしました。梅丸くんもお兄さん方に臆せずきっちりと勤められていたのがとても印象的でした。

「小袖曽我」梅若六郎さんと観世銕之丞さんのお二人の大きな体がところ狭しと舞われ、それにテンポの良い地謡が重なってもうノリノリ状態(^^; 実際、流派の違いはあまりよく分かってはいないのですが、観世流は軽やかで華やかに聞こえます。これは、是非、お能で見てみたいものです。

「静と知盛」広忠さんが大鼓。歌舞伎で長唄の出囃子のときは、立鼓と立三味線が互いに阿吽の呼吸でそれぞれのタイミングを計っているそうですが、お能は大鼓が中心。そのせいなのでしょうか、三人で演奏すると自然とそうなってしまうのでしょうか「静と知盛」とこの後の羅生門でも大鼓が中心となっているような印象を受けてとても面白かったです。「静と知盛」のときに盛んに大向こうがかかっていたのですが、全くかからないのも寂しいですが、あまりかかり過ぎるというのもなんだか興をそぐような感じがします。

「羅生門」佐太郎さんと広忠さんの初共演。勇壮な曲でしたが、芳村伊十郎さんはあまり通るお声ではないせいでしょうか、あまり記憶になかったりします(^^;; 

「楊貴妃」は、内容がよくわからないまでも、格調高く素敵な能でした。地謡いと後見の方々が白っぽい着物だったのがとても爽やかな感じを受けました。地頭が梅若六郎さんで、その隣りに銕之丞さん、その右隣に片山清司さんという並び。筋書の中で忠雄さんがこの番組について、他ではちょっと考えられないものであり、地謡に片山、観世、梅若の次代を担う人達が出ることで、何か得るものがあるはずだと書かれています。

「老松」玉三郎さんは素で出ていらっしゃるのかなと思っていましたら、幕があがったら、博多人形のような玉三郎さんが座っていました。黒地に裾に松の模様というある意味地味な意匠ではあるのですが、それがかえってあでやかに映ります。田中流の方々が勢揃い。杵屋直吉の唄も素敵で華やかな舞台でした。

「獅子」亀井家総出演+福原寛さん。三兄弟のは何度か聞いていますが、佐太郎さん、忠雄さんが加わったものは初めて。最初は、傳次郎さん、忠雄さん、佐太郎さん。忠雄さんは、三兄弟と打たれるときとは違って、小鼓が佐太郎さんのときはやさしく包み込むような感じが印象的でした。そして、忠雄さんと広忠さんが並んで大鼓を打つなんてことは、まさに「ありえない」こと。お二人のファンとしては、もう、感涙ものでした。ご家族で打っているのをみていたら、広忠さんはやっぱり長男ですね(^^) 

一、三番叟
   藤間勘十郎  

      亀井広忠、田中傳次郎、田中佐太郎、田中傳左衛門、福原寛

二、鶴亀
   中村梅玉
   中村梅枝
   中村萬太郎
   中村梅丸

   鳳声晴由、田中長十郎、田中傳次郎、田中傳左衛門、望月太左吉、  田中佐太郎

三、小袖曽我
   観世銕之丞
   梅若六郎

   亀井忠雄、幸清次郎、松田弘之

地謡:坂口貴信、角当直隆、山崎正道、観世喜正、梅若晋矢、片山清司

四、静と知盛
   中村富十郎

   福原寛、田中傳左衛門、亀井広忠、田中傳次郎

   (休憩)

五、羅生門
   中村吉右衛門

   鳳声晴由、田中傳左衛門、亀井広忠、田中佐太郎

六、楊貴妃
   観世清和
   宝生閑

   亀井忠雄、幸清次郎、松田弘之

地謡:梅若六郎、観世銕之丞、坂口貴信、角当直隆、山崎正道、観世喜正、梅若晋矢、片山清司

七、老松
   坂東玉三郎

   田中傳左衛門、田中佐太郎、田中傳次郎、田中流一門

番外 獅子
   亀井忠雄
   田中佐太郎
   亀井広忠
   田中傳左衛門
   田中傳次郎
      福原寛

|

« ホットな葉月をクールに | トップページ | 夏の夜の読書 »

「伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

kirigirisu様の感想、楽しく拝読しました(いつアップされるかとお待ちしてたんですよ)。
「囃子の会」は私のような者でさえ、「すげぇ~!!」会だったと感激しました。最高のメンバーの演奏、舞があんなにたくさん聞けて見られて、至福の時でしたわ~。

プログラムに「舞囃子」とあった「小袖曽我」はやはりお能ではなかったのですね(それくらい、何も知らなくて…)coldsweats02

PS お目にかかれて嬉しゅうございました。今後ともよろしくお願いいたしますね。

投稿: SwingingFujisan | 2008年8月 5日 13:34

SwingingFujisanさん、こんばんは

最近どうもタイムマネージメントが下手くそになっているようで、
色々なことが後手後手になっています(^^;なんでだろう~♪(古い?)

こちらこそ、短い時間でしたがお目にかかれて嬉しゅうございました。
ホント楽しい会でしたね(^^) 
お囃子好きとしては、たぁ~っぷりと楽しませていただきました。
舞囃子はいわゆる見どころのダイジェスト版という感じなんだと思います。(ってよく分かっていなかったりして(^^;) 

投稿: kirigirisu | 2008年8月 5日 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/42064153

この記事へのトラックバック一覧です: 第六回囃子の会(8/2):

« ホットな葉月をクールに | トップページ | 夏の夜の読書 »