« 吉例顔見世大歌舞伎@歌舞伎座 演目&配役 | トップページ | 年寄りの冷や水?! »

2008年9月12日

新秋9月大歌舞伎@演舞場 夜の部(9/10)

実は、この日演舞場に行く前に泉岳寺駅に行く用事があったので、せっかくなので泉岳寺にお詣りしようかなと思っていたのですが、予定よりも時間が多くかかってしまったためそのまま地下鉄に乗ることになりました。うぅ~残念despair 結局、まだ一度も泉岳寺に足を踏み入れることができません。今年こそなんとか行ってみたいものです。できることならば、宮部みゆきさんの「平成お徒歩日記」(新潮文庫)に書かれている吉良邸から泉岳寺までの道のりを歩いてみたい。

ということで、10日(水)に夜の部に行ってきました。いつもながら簡単に。

『加賀見山旧絵錦』 時蔵さんが尾上なので若い海老蔵さんの岩藤だと配役のバランスとしてどうなのかなと思いましたが、思ったよりもお局としての品と貫禄もあってきれいでした。立ち姿を正面から見ると衣紋を抜いた首が太いしがっちりした体格が目立ちますが、横向きのときや座っておすましした顔はなかなか美形のお局さま。大詰めの黒地の着物に傘を差した姿は錦絵のよう。この姿の写真がぜひとも欲しいものです。(10日はまだ写真はでていませんでした)

地声に近い低い声を使おうとしているのは良いのですが、ところどころ(たぶん意図的に)野太い声を出すのはちょっと?でした。憎ったらしさのなかにどこか愛嬌を感じさせる岩藤で、結構、楽しそうになさっているようにお見受けしました。

岩藤側の奥女中はお歴々の立師さんが面構えも凛々しく(笑)並んでいらっしゃいましたが、その中で新十郎さんが初々しく可愛らしかったです。初めて女方を見ましたが結構いけますね(^^)

『かさね』 前の加賀見山の大詰めの二人が、かさねと与右衛門なので、まだその印象が残っているうちなので、少しインパクトが薄くなってしまったようです。それに加えて、去年、御園座で、花道に二人が出てきた瞬間にその世界に入れた菊之助さんとの「かさね」を見てしまっているので、いささか物足りなさを感じてしまいました。これはもう、巧拙云々とかではなく、海老菊コンビ贔屓のわたしの個人的なテイストの問題 (^^; 二人のコンビは観ている側にとって安心感があります(恐らく演じている側も)。が、それに慣れすぎるのもあまり良くないことは重々承知。でも1年に1回くらいは一緒になんかやって欲しいものですね。

|

« 吉例顔見世大歌舞伎@歌舞伎座 演目&配役 | トップページ | 年寄りの冷や水?! »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~! 夜の部のご感想、私も全くと申し上げたいほど、同じような印象を受けましたので、一文ごとに、「そう、そう!」と頷いて拝読させて頂きました。

尾上@時蔵丈と岩藤@海老蔵丈のバランスがどうかな~、と思っていたのはほとんど杞憂だったこと。岩藤サイドの奥女中@タテ師勢揃いだったこと(なのに、亀丈に負けてしまうのが、なんとも面白い!)。そして、海老蔵丈&菊丈の「かさね」のほうが「好み」なこと…。

菊丈の「かさね」は、哀れみがありましたよね。恋しい恋しい与右衛門さまをずっとずっと追っていくような、追い続ける「かさね」の霊でした。亀治郎丈の「かさね」は、さすがにお上手で、敢えて申し上げるなら、隙がない「かさね」でした(笑)。

泉岳寺。赤穂浪士のお墓がずらっと並んでいて、本当にお線香が絶えない場所でした。

投稿: はなみずき | 2008年9月13日 15:05

はなみずきさん、こんにちは

御園座は花道に二人が出てきた瞬間に「かさね」ワールドでしたね。
歌舞伎は同じ演目でも配役の妙で楽しめるところが魅力なんですが
反面、満足度については好みが大きく左右してしまいますね(^^;

泉岳寺は以前勤めていた会社からも割合と近いし、
今回行った場所もかなり近い場所だったんですが
どうしたものか、なかなか行く機会がなくて...
今年こそとはなんとか行きたいものです。

投稿: kirigirisuk | 2008年9月14日 16:02

kirigirisuさん、おはようございます。

なかなか近くでも行けない場所ってありますよね。
私も泉岳寺は何度も行く機会があって、一度お土産屋さんまでは行ったのですが・・お参りしなくてはならない方の数が多いのでその度に「また今度・・」になってしまってました。

演舞場の夜の部、海老蔵さんの岩藤は色気があって良かったですね・・台詞だけが残念なんですが・・。

投稿: yae | 2008年9月30日 06:58

yaeさん、こんにちは

この日訪れた場所は、泉岳寺から目と鼻の先だったんですが
結局行かれずじまいでした。用事と用事の間に行くところでは
なかったのかもしれませぬ(^^;

岩藤に限らず、不格好でも小器用にまとまらないところが海老蔵さんの魅力かと(^^;

投稿: kirigirisuk | 2008年9月30日 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/42452613

この記事へのトラックバック一覧です: 新秋9月大歌舞伎@演舞場 夜の部(9/10):

« 吉例顔見世大歌舞伎@歌舞伎座 演目&配役 | トップページ | 年寄りの冷や水?! »