« 獅子虎傳阿吽堂 番外編 | トップページ | わぁ~い!!やったね(^^)v »

2008年9月27日

銀河祭りのふたり

信太郎人情始末帖が『銀河祭りのふたり』(杉本章子 文藝春秋社)でとうとう完結となりました。このところどうも話が広がらないなぁと思いつつも新しい巻がでるのを楽しみにしていたので、ちょっと残念。全7巻をふり返ってみると文庫になっている信太郎が芝居小屋で働きながら捕り物にも首を突っ込んでいた時代が一番面白かったかな。

実は、主人公の信太郎よりも笛吹き貞五郎さんがお気に入りでしたので、貞五郎さんの行く末も気になっていましたが、そう来ましたか。さすが貞五郎さん(^^) 作者も貞五郎さんに結構思い入れがあるような感じがしないでもありません。今度、貞五郎さんを主人公にした番外編を書いてくださらないかしら。

|

« 獅子虎傳阿吽堂 番外編 | トップページ | わぁ~い!!やったね(^^)v »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/42616002

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河祭りのふたり:

« 獅子虎傳阿吽堂 番外編 | トップページ | わぁ~い!!やったね(^^)v »