« 「2008年、あなたが一番好きだった演目は何?」 | トップページ | 京鹿子娘道成寺@歌舞伎座 (12/21) »

2008年12月19日

第7回能楽現在形(12/18)

Photo 豚に真珠。蟋蟀に芭蕉(^^;; 

これまでもお能はよく分からないで見ていました。それでもわたしなりに面白さを感じていたりワクワク感がありましたが、「芭蕉」は、完全に~\(_ _;)/~状態でございました。2時間という大曲でしたが、つまらないとか眠くなるとかという感覚もなくて、舞台に結界があってちょっと突き放された世界と言ったらよいのかもしれませぬ。

それでも前半は、前シテの里女の装束が緑青がかった色が使われていて渋くて素敵だわとか、萬斎さんの薄茶色のグラデーションと白を使った着物のデザインは大胆だけれど品の良い色遣いで素敵だわとか、衣裳に目が向いていました。が、後半は、地謡の方々は足がしびれるどころか痛いんじゃないのかしらとか、ワキの方は片膝を立てて座りっぱなしなのに全然からだが揺れないとか、立つとき大丈夫なのかしらと下世話なところにばかり気が回っておりました(^^;;

席は、脇正面でちょうど地謡の方の真正面でしたので、最初の居囃子の三井寺は、それこそ分からないなりにも謡を聞いていてとても気持ちが良くて、特に、後半で玄祥(六郎)さんと山崎正道さんのお二人(だったと思います)で謡ったときのスコーンと抜ける声がとても心地よく伝わってきました。見る前はちょっと疲れ気味だったのですが、休憩時間になったらすっかり元気になってしまいました(^^) 

【番組】

居囃子 「三井寺」

 シテ  梅若玄祥(六郎改め)

 笛    一噌幸弘

 小鼓  成田達志

 大鼓  亀井忠雄

 地謡  梅若晋矢、観世善正、山崎正道、柴田稔、川口晃平

「芭蕉」蕉鹿

  シテ  里女/芭蕉の精  片山清司

 ワキ  山居の僧      宝生欣哉

 アイ  里人         野村萬斎

 笛               一噌幸弘

 小鼓             成田達志

 大鼓             亀井広忠

 後見  梅若玄祥 味方玄

 地謡  観世銕之丞、浅井文義、観世善正、清水寛二
        西村高夫、山崎正道、馬野正基 谷本健吾

|

« 「2008年、あなたが一番好きだった演目は何?」 | トップページ | 京鹿子娘道成寺@歌舞伎座 (12/21) »

「能」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。昨日はお会いできて嬉しゅうございましたheart04ありがとうございます。
私も???でもって、昨日のお舞台はとても質が高かったように感じたので、受け取れない自分がなんとも情けないweep
でも、片山さん、本当に素敵でしたね。お父様にはなんと言われたのかしらん?
後半のお衣装の柄が途中までよく見えてなくて、無地だと思っていたんですよ。綺麗な、植物の柄でしたね(結局よく見えてないんですが…coldsweats01
また能楽堂でお会いいたしましょうね。楽しみにしております。

投稿: mami | 2008年12月20日 01:00

mamiさん、こんばんは

ちょっとの時間でしたけれどお話ができて
楽しかったです(^^)

芭蕉は、ちょっとハードルが高かったです。
後半の衣裳も、光の加減で草花(?)の模様が透けて
見えて素敵でしたよね。

こちらこそ、また、能楽堂でお目にかかれるのを
楽しみにしています。
4月の望月三連チャン、今から楽しみです。

投稿: kirigirisu | 2008年12月20日 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/43467461

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回能楽現在形(12/18):

« 「2008年、あなたが一番好きだった演目は何?」 | トップページ | 京鹿子娘道成寺@歌舞伎座 (12/21) »