« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日

毎年のことながら

仕事も掃除も納まりませぬcoldsweats01 

今年こそはバッチリと納めつもりだったのですが...

我が家には窓ガラスは居間にしかなぁ~い 居間にしかなぁ~いと家中に暗示をかけてます(*o*)☆\(--メ

とりあえず、年賀状だけは今日出してきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月28日

かぶく者第4巻

Photo そろそろ第4巻が出てもよいころと先日本屋さんを物色したときには見逃した「かぶく者」。無事ゲットしてきました。今回は、新九郎が「連獅子」の子獅子に挑みます。相変わらず「ありえねぇ~」とツッコミどころ満載ですが、毛振り体力養成メットには笑っちゃいました。

第5巻は来年の6月末に発売予定とか。「連獅子」の決着は5巻で。引っ張りますのぉ~ その後に四谷怪談に突入だそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月24日

レナード衛藤 x 鼓童アンサンブル(12/23)

レナード衛藤(レオ)さんと鼓童アンサンブルのライブ。鼓童のメンバーは、齊藤栄一さん、見留知弘さん、石塚充さん、坂本雅幸さん。わたしのご贔屓のてんこ盛りlovely これに行かずしてなんとすると、今月これで3回目の鼓童がらみのコンサート(^^) 最初っから最後まで太鼓のみで、どういうコンサートになるんだろうと興味津々でしたが、期待通りというか期待以上でもう最高shineでした。

レオさんの演奏を聞くのはたぶん初めてではないかと思うのですが記憶は不確か。とても華のある方です。草月ホールは、キャパが大体500人前後の小さいホール。舞台と客席がかなり近いですが、かつぎ桶太鼓一つ、あるいはチャッパであれだけ魅せて聞かせるというのはさすがです。

続きを読む "レナード衛藤 x 鼓童アンサンブル(12/23)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日

目の保養

今日、本屋さんで某月刊誌を立ち読みした後、ひょいと横を見たら週刊誌のラック。まぁ、なんと海老蔵さん(素顔)と菊之助さん(琵琶姫の拵え)が表紙の雑誌が上下に並んでいましたlovely こっそり横並べにしちゃおうかと思いましたが、さすがに人目もあるので思いとどまりましたcoldsweats01

海老蔵さんは週刊朝日。菊之助さんはサンデー毎日

眼福と言えば、1月の演舞場の特別ポスターができたそうで、これからあちこちの駅に掲示されるようです。権太のポスターだけなぜか白黒ですね。ところで、権太と弁天小僧って片肌脱ぎが逆。片肌脱ぎの右、左ってなんか意味があるんでしょうかしら?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日

鼓童十二月公演2008

いんやぁ~今日の大太鼓はすごかったheart02heart04大太鼓は大好きだし、いつ聞いてもスゴイと思うけれど、今日のは今まで聞いた中で一番だと思う。言葉ではどう言ったらよいか分からない。舞台上の大太鼓と打ち手の見留さんと裏打ちの方(小田さん?)が一つになってそこから発する気と観客席の気が一体となっていて拍手するのも忘れてしまうくらい、その世界に入ってしまいました。今思い出しても顔が上気しそうです。

その熱気が覚めやらぬ間に、アンコールの「族」が始まりました。が、これもまた、今日が最終日ということもあってか、皆さん、もうガンガンに打ちまくっていました。坂本雅幸さんも周囲からの煽り(励まし?!)もあって、五つの太鼓をもう打ちまくり放題(^^) これまで坂本さんがたたかれた「族」は冒頭の幕開でしたのでそれなりにテンションは上げていてもこれほどは上がっていなかったと思います。いやいや、若いっていいなぁ~とlovely状態で見てました。

続きを読む "鼓童十二月公演2008"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京鹿子娘道成寺@歌舞伎座 (12/21)

秋頃からバタバタしていた仕事も一段落。今週からちょっとひと息つけそう(この不況時。このままずぅ~っと一段落しっぱなしになってしまうかも...shock)。

今月の歌舞伎座は、正直なところあまり食指が動かなかったのですが、三津五郎さんの道成寺は坂東流ならではの舞台ということで、なんとしても見ておきたかったので、今日、鼓童のコンサートの前に行ってきました。本当は、高時も見るつもりだったのですが...間に合いませんでしたcoldsweats01 

踊りのことはあまりよく分からない上に、通常の道成寺がどうだったかも記憶があやふやなのですが、全体的にすっきりさらっとした感じ。わたしはどちらかというと糸をひきそうなのが苦手なので、こういう方が好きかもしれません。坂東流の道成寺については、三津五郎さんのサイトに説明がされています。(→こちら

続きを読む "京鹿子娘道成寺@歌舞伎座 (12/21)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月19日

第7回能楽現在形(12/18)

Photo 豚に真珠。蟋蟀に芭蕉(^^;; 

これまでもお能はよく分からないで見ていました。それでもわたしなりに面白さを感じていたりワクワク感がありましたが、「芭蕉」は、完全に~\(_ _;)/~状態でございました。2時間という大曲でしたが、つまらないとか眠くなるとかという感覚もなくて、舞台に結界があってちょっと突き放された世界と言ったらよいのかもしれませぬ。

それでも前半は、前シテの里女の装束が緑青がかった色が使われていて渋くて素敵だわとか、萬斎さんの薄茶色のグラデーションと白を使った着物のデザインは大胆だけれど品の良い色遣いで素敵だわとか、衣裳に目が向いていました。が、後半は、地謡の方々は足がしびれるどころか痛いんじゃないのかしらとか、ワキの方は片膝を立てて座りっぱなしなのに全然からだが揺れないとか、立つとき大丈夫なのかしらと下世話なところにばかり気が回っておりました(^^;;

席は、脇正面でちょうど地謡の方の真正面でしたので、最初の居囃子の三井寺は、それこそ分からないなりにも謡を聞いていてとても気持ちが良くて、特に、後半で玄祥(六郎)さんと山崎正道さんのお二人(だったと思います)で謡ったときのスコーンと抜ける声がとても心地よく伝わってきました。見る前はちょっと疲れ気味だったのですが、休憩時間になったらすっかり元気になってしまいました(^^) 

続きを読む "第7回能楽現在形(12/18)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「2008年、あなたが一番好きだった演目は何?」

今年も、はや残すところ10日あまりとなりました。すでに観劇納めをなさったかたもいらっしゃることでしょう。

いつもおじゃましているyukiさんのサイト『ご機嫌!歌舞伎ライフ』で、恒例の「あなたが一番好きだった演目は何?」のアンケートを開始されたというお知らせを頂きました。これは、今年一年間に観た歌舞伎の演目の中で「これが一番だぁ~い好きheart04」という演目を投票して、その結果をみなさんに発表するという楽しい企画です。

実施要領は、

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

    受付期間:2009年1月31日まで
    投票方法:メールまたは掲示板への書き込み

    投票していただく際は

    1.演目名
    2.劇場名(または場所)
    3.上演月(お判りにならない場合は結構です)
    4.印象に残った役者さんの名前
      などを判るだけで結構ですのでお書きいただきください。

     ベスト3まで受付ております。

     ベスト3で投票してくださった場合は
     1位:5点、2位:3点、3位1点として集計いたします。
     ひとつだけお書きになった場合は5点となります。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

詳細は→こちら

東京とその他の地域と分けて集計してくださいますので、首都圏以外にお住まいの方もどしどし参加ください。「そんなこと言ったって、何を見たのか忘れちゃった」という方もご安心を。こちらの「演目メモのリスト」を参考になさって下さい。(すべてではないですが、ほぼ網羅されています) みなさま、ぜひ、ふるってご参加くださいませ(^^)/ 

わたしの観劇納めは、国立劇場の遠山の金さんになりそうです。その前になんとか三津五郎さんの道成寺をどこかに入れなくては...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日

歌舞伎座の快人

というラジオ番組が11月頃から文化放送(関東地方のみらしい)で毎週水曜日(21:00~21:59)に放送されているとのこと(→歌舞伎美人のニュースより)。本日やっと拝聴しました。本日のゲストは亀三郎さんと亀寿さんご兄弟。

夏頃に部屋からステレオを出してしまったので、ボロラジオで聞いたせいでしょうかちょっと感度が悪くて聞きずらかったのがネックでございました。声だけで聞くとやはりご兄弟だけあって良く似ていますが、亀三郎さんの方が声が低い。亀三郎さんの地声は舞台よりも、もう一段低い感じで低音がよく響きますし大人っぽく聞こえます。ジェットストリーム系のお声ですね。そのうち、そういうオファーがくるかも?!

内容というか構成は正直イマイチな感じですけれど、若い役者さんの生の声が聞けるのはなかなか面白い趣向です。来週はどなたがゲストでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年12月13日

出かけるかどうかまだ決めていないけれど忘れずに!

『NHKアーカイブス』って、てっきり夜の番組だと思っていたら昼間だったんですね。 危うく予約し損なうところでした(^^; 明日というか今日というか、12月13日の『NHKアーカイブス』(総合午前10:05~11:25)で、團十郎さんが襲名されたのときのNHK特集「大看板 團十郎への道」(1985年4月5日放送)が放映されるとのこと。團十郎さんもゲスト出演。海老蔵さんもこのときに新之助を襲名されていますので、きかん気が強そうですが可愛らしいときのお顔が見られるかも(^^)

そう言えば、先日の読売新聞での松任谷由実さんとの対談記事がYOMIURI ONLINEに掲載されています(→こちら)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日

鼓童@すみだトリフォニーホール(12/11) 

Photo 「鼓童十二月公演」スペシャル。新日本フィルとの共演。すみだトリフォニーホールは初めて。新日本フィルの本拠地で音楽会専用のホールということでなかなか良い会場でした。

席は3列目でしたが、行ってみてびっくり(@@) な、なんと前の2列をとっぱらってステージを作っていたために完全にかぶりつき!! 思いがけずにかぶりつきで「三宅」を堪能することができて、もう今夜は最高shine 「扉」では坂本さんと石塚さんの両面打ち(?!)を間近に見ることができたし、ちょっと早めのxmaspresentをいただいた気分。石塚さん、船橋さん、小田さんの3人の野性味あふれる「巴」も素敵でした。でもなんといっても「三宅」がいっち好きlovely 今までは、どちらかというとやや後ろの席の方が好みでしたが、これですっかり味をしめちゃいました。かぶりつきがクセになりそう(笑)

続きを読む "鼓童@すみだトリフォニーホール(12/11) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日

気になる...

ということで、先ほど、友枝昭世さんの公式サイトで来年の演能の予定をなにげに見たら、4月14日に能楽現在形があることを発見。内容を見てみたら「望月」とありました。実は「望月」を見たいとずぅ~っと思っているのですが、去年からなぜか他の行事と重なってしまいことごとく見逃しています(今月は2回あるのに両方ともペケweep)。なので能楽現在形でリクエストしようかなと思っていたところ。

しかし、これって友枝昭世さんが狩野了一さんとご一緒に出演ということなんでしょうかしらん?!まだお知らせが来ないので詳細は分かりませんが、今から楽しみぃ~heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第25回こんぴら歌舞伎大芝居

来年のこんぴら歌舞伎は中村屋さんちという話は前々から聞いていましたが、日程と演目が発表されたもよう。(→産経ニュース

日程:2009年4月7日(火)~25日(土)

演目:

<第一部>

・俊寛

・新口村

・身替座禅

<第2部>

・伊賀越道中双六-沼津

・闇梅百物語

出演は、中村屋さん親子、扇雀さん、彌十郎さん(坂東が誤字(--;)、亀蔵さん他とのこと

現時点では、前回の24回までの情報しか載っていませんが、もう少ししたらチケットの発売やその他の詳細は「こんぴら歌舞伎大芝居」の公式サイト(→こちら)に発表されるかと思います。

わたくしめは、御園座やら能楽現在形+αで4月はすでに手一杯なので早々に戦線離脱でございまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日

ん...?!

今日(12月6日)の読売新聞の夕刊に海老蔵さんと松任谷由実さんの対談が載っているというので買ってきました。内容は、これまでのテレビ出演での話や雑誌などに書かれているのとあまり変わりません。

さらっと読んでいくうちに、お正月の公演の「仕初式」をやるという話題のところで、「片肌脱いで」ふむふむ...小袖の黒と裃の柿色に襦袢の赤が映えて素敵なのよね(^^) んで「三方に髪が乗っかり、紅白のひもに元結で結ばれていて」...?! 三方にが乗っかっるって(@@) おめでたいお正月にかなりキモイ感じになっていますが...(--; その後の「紅白のひもに元結で結ばれていて」に至ってはtyphoon なんのこっちゃと目を白黒しているうちに、三方の上に紅白の元結で束ねられた髪が乗っかっている絵が浮かんできて、本当に寝られなくなってしまいました(爆)

読売の記者さん、にらみを見たことないんでしょうか...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日

しわすでごんす

今日、来年の手帳を買ってきました。年々益々月日が経つのが早く感じます。またもや、あと一月で新しい年が来てしまいます。10月頃からのぐちゃぐちゃな日々が未だに整理できず。スポーツクラブもお休み状態。とりあえずダブルブッキング気味の今週をなんとか乗り切らねば。年末にリセットして、新しい年を迎えたいものです。

快進撃を続ける佐伯泰英さん。今月も来月も新刊がでます。このテンポで新しい本が出るのは嬉しいのですが、最近、ちょっと中身が薄いというかちょっと都合が良すぎるような気がしないでも...元々、気楽に読めるということを主眼において書いていらっしゃるようなので読む方も割り切って読めばよいのかも。

宣告 密命20雪中行(祥伝社文庫) 12月12日発売予定

 そろそろ、清之助さんが江戸に戻ってくるんでしょうかしら。まだ、もうちょっとひっぱるかな?!

居眠り磐音江戸双紙 28 照葉ノ露(仮)(双葉文庫)1月15日発売予定 

 こちらは、家基さんの件が秒読み段階ですが、どう扱うのでしょうか?テレビドラマの最終回を見ましたが、本とはだいぶ離れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »