« 謹賀新年 | トップページ | 旧暦 »

2009年1月 4日

初春花形歌舞伎@演舞場 夜の部(1/3)

お正月らしく着物姿の方も多く、振り袖姿のお嬢さんがどこかのテレビの取材に応じていらっしゃいました。 お正月はご家族連れやご夫婦でいらっしゃる方が多いので男性の姿もいつもよりは多くお見かけするのですが、昨日は、男性だけでいらっしゃっている方々、それも結構若い世代の方々が目につきました。

『七つ面』は、常磐津と大薩摩でお正月らしい明るい踊り。こんな感じです。奴道成寺や三ツ面子守のようにお面をとっかえひっかえ踊りますが、全体的にはおおどかな感じ。海老蔵さんだけが踊るのかと思っていましたら、最後の方に市川右近さん、段治郎さん、猿弥さん、笑也さん、春猿さん、弘太郎さんらも登場。花道でみなさんが踊っている間に、海老蔵さんは赤い湯飲みでお茶を飲んでいました(^^)(本当に飲んでいたかはわかりませんが)お正月の出し物として残っていくとよいですね。

『封印切』 三津五郎さんがご著書の「歌舞伎の愉しみ」で、東京人が「封印切」が苦手な理由を明確に説明してくださっていますが、わたしも苦手。八つぁんの挑発に対して、忠兵衛に「べらぼうめ 宵越しの銭は持たねぇ。おとといきやがれ このスットコドッコイが!」とか啖呵切って欲しい口(^^;; なんですが、笑三郎さんの梅川が健気でとても可愛らしく、おバカな忠兵衛のために悲惨な末路をたどらなければならないと思うとちょっとウルウルしてしまいました。その忠兵衛をなさった獅童さん。上方のお芝居としてどうなのかはよくわかりませんけれど、なかなか健闘されていたと思います。が、南郷力丸の方が断然イキイキされていました。

『弁天小僧』 なにがびっくりしたかって、番頭さんが新十郎さんでした(@@)成田屋さんだったら新蔵さん(今月は国立にご出演のようです)か、あるいは澤瀉屋さんのどなたかがなさるんだろうと予想していましたのですが...年齢的にちょっとお気の毒な気がしました。

海老蔵さんはかなり体重を絞ってきたこともあってか、女方の拵えがだいぶ板についてきたようです。なかなか可愛らしい化けぶりでした。わたしの弁天小僧のスタンダードが菊五郎さん。あの「どなたもまっぴら...ごめんねぇ」 の開き直りっぷりにはまだまだ時間がかかりそうですが、いかにもこういう類のゆすりたかりの兄ちゃんっていそうな感じ(^^; が「今」という時間を感じさせます。花道でのやりとりもちょいワル仲間の感じがあって素敵な白浪ぶりでした(笑) 海老蔵さんの弁天小僧と獅童さんの力丸は予想していたよりもバランスが良く、いいコンビになりそう。左團次さんの駄右衛門も盗賊の親玉っぽくって素敵でした。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 旧暦 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさま
あけましておめでとうございます!

コメント欄にはすっかりご無沙汰いたしている、読み逃げ組です(^^;
今年もよろしくお願い致します!

やはりkirigirisuさんの新年は演舞場からですね。ポスターがひとりずつ篠山紀信スタジオ(と思ったのですけど)で、という力の入れようで海老蔵さんもテレビ出演で宣伝なさっていましたね~

新蔵さんは、まずは團十郎さんの後見で「象引」からお姿拝見しました。他の二つの演目にもご出演でした(*^.^*)
復活の「象引」めっさ楽しかったです!

演舞場は来週の連休中に、昼夜通しですみっこから拝見予定です。楽しみです♪

投稿: coco | 2009年1月 4日 23:50

早速kirigirisu様のレポを拝見でき、嬉しいです♪

成田屋さんは国立つ演舞場で十八番を復活!なんですネ。お江戸の初春らしく、お目出度くっていいですね~。

新十郎丈が番頭さんですか! 楽しみが増えました。観劇日まで、待ちきれません~…!

投稿: はなみずき | 2009年1月 5日 06:49

cocoさん、明けましておめでとうございます

秋頃からなんだかワサワサしていて、わたしもcocoさんの
ところにおじゃまするも、なかなかコメントを残す
ことができません。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

海老蔵さんは、今年も座頭としてお正月の演舞場を盛り立てようと
頑張っているようです(^^) 花形らしくて活気があって楽しい舞台ですよ。團十郎さんの象引も評判が良いようですね。なんとか今週中に
は国立に馳せ参じたいと思っていますrun

投稿: kirigirisu | 2009年1月 5日 13:33

はなみずきさん、こんにちは

新十郎さんの番頭さんにはおどろきましたぁ(^^;
そうそう、手代さん達の中に翔次さんのお姿をみっけ。
わたしとしてはちょっとしたお年玉でした(^^)
同じく手代の左十次郎さんの貴重な(笑)愛想のよいお顔が
見られるのもお見逃しなく!
もちろん、お二人はこの後の大詰で捕手で登場されます。

大詰の極楽寺の屋根の立ち廻りは、菊五郎さんのとき
よりも多少スピードはあるものの、割合とゆったりした感じ
でした。海老蔵さんの立ち廻りを見ていて、菊五郎さん
の凄さをあらためて再認識しました。

投稿: kirigirisu | 2009年1月 5日 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/43633116

この記事へのトラックバック一覧です: 初春花形歌舞伎@演舞場 夜の部(1/3):

« 謹賀新年 | トップページ | 旧暦 »