« へたれな日々 | トップページ | 二月大歌舞伎@歌舞伎座 配役追加 »

2009年1月13日

極める

Photo

分野を問わず聞き書き本が大好き。歌舞伎でもお能でも極めた方の話は断然面白い。最近、文春文庫から出た住大夫さんの「文楽のこころを語る」(文春文庫)も例外ではありません。最初っから読まずに、興味がある外題のところから読み始めて、あちこち前後しながら読んでいます。

巻末の茂山千之丞さんとの対談がとても面白い。お二人の漫才のようなやりとりに思わず笑ってしまうところもありますが、芸を極めた方だからこその言葉が並んでいます。

「文楽のこころを語る」を読むちょっと前に、遅まきながら「仏果を得ず」(三浦しをん著 双葉社)を読む。こちらは、修行中の文楽の若き大夫が主人公の小説。主人公の健大夫が人間味溢れるというか個性的な師匠や先輩や周囲の人々に揉まれながらも成長していく姿を文楽の作品を絡めながら物語が進められる。ありそうでなさそうで、なさそうでありそうな文楽青春物語?! 

幸か不幸か(^^; 今のところ文楽にはハマっていませんが、両方ともとてもおもしろい本でした。

|

« へたれな日々 | トップページ | 二月大歌舞伎@歌舞伎座 配役追加 »

「本」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~。
「仏果を得ず」の文庫本化をひたすら待っている私です。
ハードカバーは重くて(笑)

ところで、既にご存知orご興味は無い?かもしれませんが、
本日午後6時ぐらいからTBSで団十郎さんのドキュメンタリーが放送されるようですね。
(午後7時だったかも)
海老蔵さんからの初めてのお手紙も読まれるとか。
「ありきたりな演出ではあるが・・・・」と新聞のテレビ欄での紹介にはありましたが、
面白そうに思えたので私は予約録画しました。

先日ハプスブルク家の放送をお教えくださったお礼に、と思い
差し出がましいかなと思いつつ、取り急ぎ。


投稿: よんたん | 2009年1月14日 09:18

よんたんさん、こんばんは

團十郎さんのドキュメンタリーのことは知っていたのですが
今朝、国立劇場に行くのでバタバタしていて、今日だということを
コロっと忘れてました(^^;; ちょっと過ぎてしまいましたが、
なんとか今見ています。ありがとうございました(^^)v

投稿: kirigirisu | 2009年1月14日 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/43731508

この記事へのトラックバック一覧です: 極める:

« へたれな日々 | トップページ | 二月大歌舞伎@歌舞伎座 配役追加 »