« 海老蔵さんの特別舞踊公演@松竹座 続報 | トップページ | 工場見学 »

2009年4月21日

4月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部(4/21)

3年ほど前の歌舞伎座と去年の松竹座の先代萩を見逃してしまっているので、念願の仁左衛門さんの八汐。やぁ~~っと見ることができました。いんやぁ~噂に違わず仁左さまの八汐はいいわぁ。意地クソ悪さ全開、極悪非道なのにどこか愛嬌を感じるとてもラブリーな八汐でした。

先代萩男性チームが登場するまでが長かったぁ。先代萩男性チーム贔屓としては「飯炊き」がない音羽屋さんちの方がいいなぁとついつい思ってしまいますcoldsweats01

それにしても、本日は仁左衛門さんにすっかりやられてしまいました。後半は、前半の悪役とはがらりと代わってさっそうと長袴で登場した細川勝元。それはそれはいとも爽やかな勝元さまでした。あのお年で爽やかさを感じさせる役者さんって希有。もうわたしの目はlovelyheart04 いつも書くことですが、仁左さまは長袴が世界一似合う役者さん。冨樫、熊谷もしかり。花道から舞台に入って階段を昇って問註所に入るところまでを見ているだけで、もう、顔がニヤついてしまいました。ハタから見たらものすごくアヤシイヤツに見えたことでしょう(笑) 

これまで、大詰の幕切れで、勝元さんが瀕死の外記左衛門に「ひとさし舞え」だの「めでたいのぉ」というのがどうも解せなかったというか「なにいうてまんねん?!」状態だったのですが、今日の仁左さまの勝元の「めでたいのぉ」は腑に落ちました。武士の情けを感じて思わずウルウルしてしまいました。細川勝元さんの格好良さが際立った後半でした。

今度は仁左衛門さんの仁木弾正もすっごく見たくなりましたが、そうなると勝元さんはできなくなるし...困ったなぁ...

今回3Fから見ていたこともありますが、吉右衛門さんの仁木弾正の大きさは感じたものの、底知れぬ妖しさというか妖気が感じられなかったのがちょっと残念でした。

今月は、お能を優先してしまったので、歌舞伎がずれこんでしまいました。千穐楽まであまり日もないですが、夜の部もなんとか滑り込む予定。

|

« 海老蔵さんの特別舞踊公演@松竹座 続報 | トップページ | 工場見学 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

おお、仁左様の八汐、初めてでしたか!! 今回はご覧になれてよかったですね。私も仁左様の2役、大好きです。ほんと、男っぷりのよさ、爽やかさ、愛敬のある意地悪さ、たまりませんねheart04
大詰の幕切れ、先日見た友人がやはり武士の情けを感じたと言って納得していました。私はまだそこまでいってない…もう一度見て納得したいです。
吉右衛門さん、同感。仁木弾正という役は、けっこう難しいんだなと思いました。

投稿: SwingingFujisan | 2009年4月22日 23:34

SwingingFujisanさん、こんにちは

いやぁ~ホントもうステキィ~heart04というしかない(笑)
勝元さんが通った後には爽やかな風が吹いているような感じでございました。

あの幕切れっていったいなんだろうって???って、とっても疑問だったのですが、理屈で納得というよりも、情感として勝元さんに共感できたという感じでしょうか...

投稿: kirigirisu | 2009年4月23日 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/44745158

この記事へのトラックバック一覧です: 4月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部(4/21):

« 海老蔵さんの特別舞踊公演@松竹座 続報 | トップページ | 工場見学 »