« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日

三津五郎さんに紫綬褒章

三津五郎さんが紫綬褒章を受章されたそうです。おめでとうございます!早速ネット記事を探してみました。

産経ニュース(写真付き)

踊りの名手であり時代物から世話物まで幅広い役柄をこなす役者さん。これから益々ご活躍が期待されますね。特に世話物は、風俗・風習や言葉の面で継承が難しくなってきているそうですので、ぜひ力をいれて頂きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刑事なドラマ

番組の正式発表前に某出演者があれこれとブログに書いちゃったhappy01木村拓哉さん主演の「MR・BRAIN」(TBS土曜午後7・56~)。海老蔵さんがゲスト出演するという記事(→こちら)がやっと出ました。5月23日の第1話のスペシャル版に登場とのこと。民放初出演の初現代劇は刑事。暴力団と癒着関係があるのではないかと噂のあるちょっとワケありの刑事役のようです。

木村拓哉さん演じる脳科学者とどう対峙するんでしょうか。想像がつきませんが、楽しみぃ~♪ スーツ姿だそうですが、ヘアスタイルはやっぱりあのまんまでしょうかしらんsign02

☆補足☆

番組のサイト(→こちら)に第1話と第2話のゲスト情報がアップされています。海老蔵さんの写真も掲載されていますshine(もしかして、あんみつ食べているところでしょうかしらhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日

分かりやすすぎ...

5月に「鎌倉河岸捕物控」の新刊(第14巻)が出ると小耳に挟んだので、出版社のサイトを見てみたら...思いっきりネタバレな題名sweat01 このシリーズは全体的にネタバレ気味なタイトルがついているのが特徴といえば特徴ですが、もう一ひねり欲しいところ(^^; 5月15日発売予定だそうです。

そろそろ、密命シリーズも出ても良い頃...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日

訃報 市川升寿さん

成田屋のサイトに悲しいお知らせがありました。(→こちら

今年の1月の国立劇場を休演されていましたが、また、お元気な姿を拝見できると思っていたのに残念です。昨年11月の先代萩の小槇が最後に拝見した舞台となってしまいました。

古風な女方さんの風情を残す貴重な役者さん。それに海老蔵さんにとっては育ての母のような方。升寿さんが後見に控えているとそれだけで安心できる存在でした。ご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工場見学

昨日、今日と関東地方はめっきり冷え込んでいますが、お素麺の季節がそろそろ近づいて来ているので、ヤマキのサイトを見に行ったら、あらまぁ~なんとCM情報が工事中...

「めんつゆ」サイトにいったら、こちらは嬉しいあらまぁ!!(^^) 海老蔵さんがヤマキを訪問したという記事「 市川海老蔵さんが行く~ヤマキめんつゆふるさと探訪~」が掲載されていました。海老蔵さんは、実際に鰹節削りにも挑戦されたようです。写真入りで、其の一から其の三まで、工場&本社見学の様子が紹介されています。

実は、うちはもっぱら「本つゆ」使っていたりしますcoldsweats01 夏場の冷たいお素麺には「めんつゆ」使うからごめんねぇ~とつぶやきつつ(^^;記事を楽しませていただきました(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月21日

4月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部(4/21)

3年ほど前の歌舞伎座と去年の松竹座の先代萩を見逃してしまっているので、念願の仁左衛門さんの八汐。やぁ~~っと見ることができました。いんやぁ~噂に違わず仁左さまの八汐はいいわぁ。意地クソ悪さ全開、極悪非道なのにどこか愛嬌を感じるとてもラブリーな八汐でした。

先代萩男性チームが登場するまでが長かったぁ。先代萩男性チーム贔屓としては「飯炊き」がない音羽屋さんちの方がいいなぁとついつい思ってしまいますcoldsweats01

それにしても、本日は仁左衛門さんにすっかりやられてしまいました。後半は、前半の悪役とはがらりと代わってさっそうと長袴で登場した細川勝元。それはそれはいとも爽やかな勝元さまでした。あのお年で爽やかさを感じさせる役者さんって希有。もうわたしの目はlovelyheart04 いつも書くことですが、仁左さまは長袴が世界一似合う役者さん。冨樫、熊谷もしかり。花道から舞台に入って階段を昇って問註所に入るところまでを見ているだけで、もう、顔がニヤついてしまいました。ハタから見たらものすごくアヤシイヤツに見えたことでしょう(笑) 

これまで、大詰の幕切れで、勝元さんが瀕死の外記左衛門に「ひとさし舞え」だの「めでたいのぉ」というのがどうも解せなかったというか「なにいうてまんねん?!」状態だったのですが、今日の仁左さまの勝元の「めでたいのぉ」は腑に落ちました。武士の情けを感じて思わずウルウルしてしまいました。細川勝元さんの格好良さが際立った後半でした。

今度は仁左衛門さんの仁木弾正もすっごく見たくなりましたが、そうなると勝元さんはできなくなるし...困ったなぁ...

今回3Fから見ていたこともありますが、吉右衛門さんの仁木弾正の大きさは感じたものの、底知れぬ妖しさというか妖気が感じられなかったのがちょっと残念でした。

今月は、お能を優先してしまったので、歌舞伎がずれこんでしまいました。千穐楽まであまり日もないですが、夜の部もなんとか滑り込む予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月20日

海老蔵さんの特別舞踊公演@松竹座 続報

チケットホン松竹(関西)のメルマガによると日程が確定したようです。一般発売は5月12日(火)とのこと。保名は見たいのですが、通常の歌舞伎公演でそろそろやりそうな気もするし...今のところ行くかどうか未定です。が...「そうだ、京都&大阪行こう!」と発作的に(笑)新幹線に飛び乗るかも(^^;

☆公演日程:6月3日(水)初日~10日(水)千穐楽

☆開演時間:昼の部:12:00 開演<終演時間未定>
      夜の部:16:00 開演<終演時間未定>

     ※昼夜同一演目
     ※3・5・8・10の各日は「昼の部」のみ

5月12日(火)一般発売開始!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月19日

花よりも花の如く 7巻

『花よりも花の如く 』の第7巻が5月1日に発売予定とのこと。(白泉社のサイトより) 第6巻で、憲人がTVドラマに初出演することになりましたが、そのTVドラマ『石に願いを』も完全収録されるようです。 どんなお話なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日

第10回能楽現在形(4/14)

能楽現在形の『望月』連続公演三日目。最終日は、喜多流で友枝昭世さんがおシテ。喜多流では『望月』のあつかいが重いそうで、まだ狩野了一さんは演じることができないそうです。友枝さんがお舞台に入ってきたときに舞台の空気が一瞬にしてピシッと締まったように感じました。やはり、3日間の内で一番大人の雰囲気のする舞台でした。おシテの友枝さんがお囃子や地謡を含めて全体を掌握して、おシテを中心に動いている舞台という感じがしました。

ツレは、観世流の梅若晋矢さんもキリリとして素敵でしたけれど、狩野了一さんの品のある優雅なたたずまいがより高貴な印象受けました。色の名前がよく分からないのですが、薄い青味がかった灰色と茶色の装束も品があって素敵でした。橋掛かりでの連吟も狩野了一さんのお声がよく通るので耳に心地よかったです。

子方は、宝生の子方さんよりもさらに小さいお子さんのようで、「幼きもの」という言葉がぴったり。元気一杯で勢いあまってフライング気味のようなところもあったようですけれど、思いっきりよく声を出していたので見ていて気持ち良かったです。お人形さんのように可愛らしい子方さんでしたが、羯鼓では、小さい体で舞台いっぱいに使った強気の姿勢が立派でした。

獅子の舞は、赤頭に扇2枚。迫力一杯の獅子。わたしが座っている方に顔が向けられたときは、その迫力に「うっ!」と思わずのけぞりそうになりました。望月を討つときに刀を持っていなかったので、あれ?と思いましたが、花若の仇討ちを介添えするような形なんでしょうか? 脇正面から見ていたのでハッキリ見えなかったのですが、最後の方は扇を刀の代わりにしていたようですが、個人的な好みとしては、やっぱり刀の方がしっくりきます。

3回連続して見たおかげで、望月の輪郭くらいはぼんやりと分かったような気がします。3流派の違いはまだよく分かりませんが、観世流の長袴での獅子の舞と仇討ちは切れ味があって、全体的に端正かつ華麗な感じ。宝生は、金井さんの力強さとあの囃子の迫力は忘れられません。また、喜多流の格調の高さ、3流派それぞれでとても面白かったです。

続きを読む "第10回能楽現在形(4/14)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日

ひとりごと

今日の日本の伝統芸能の歌舞伎入門は『勧進帳』。紹介された映像は、團十郎さんの弁慶、仁左さまの冨樫、菊五郎さんの義経という垂涎もの。人それぞれ好みがあるでしょうが、わたしはやっぱり團十郎さんの大きくて安定感のある、そしてなによりも明るくてスコーンとつき抜けている弁慶が好き。そして日本一いえ世界一の冨樫役者と信じて疑わない仁左さまとの問答はテレビで見ても、もう、うっとりlovely

ぜひとも、この組み合わせの勧進帳を今の歌舞伎座で見たいものでございまする。とは言え、今の團十郎さんは無理は禁物。でも、あと1年あれば、なんとかなりそうな気もしますが...だめかしらん...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きゃぁ~特別舞踊公演とな?!

歌舞伎美人のメルマガからどっひゃ~なお知らせが届きました。歌舞伎美人のサイトにもちらしがアップされています。

市川海老蔵 特別舞踊公演
日程:平成21年6月3日(水)~10日(水)(予定)

場所:大阪松竹座

演目:

1.雷船頭

2.保名

3.七つ面

6月はお休みだとばっかり思っていましたのでびっくりするやら嬉しいやら。日程に予定とあるからには、急遽決まったものでしょうかしら。さぁ~ってと、これは行くっきゃない?!うぅ~んでも、ここは、じぃ~っとガマンの子でしょうかsign02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月12日

第9回能楽現在形(4/11)

能楽現在形の『望月』連続公演二日目。宝生流。おシテは金井雄資さん。やはり続けて見ると、同じ演目でも流派、演者によって大分趣きが違うことが分かります。

宝生流の衣裳は観世流に比べると地味目でしたけれど、おシテの薄い茶色の衣裳は渋くて素敵でした。子方とツレが観世流のときよりも弱々しい感じがしました。(子供さんは年齢によってどうしても差がでてしまうのは仕方がないんでしょうが...) 最初の橋掛かりでの子方とツレが一緒に謡う時に観世流よりも間合いが広く取られていることもあってか、観世流のときに感じた親子の強い絆があまり感じられませんでした。

小鼓が成田達志さんだと広忠さんと幸弘さんのテンションの上がり方が違うようです。成田さんを挟んで酸欠なるかと思うくらいに吹きまくる幸弘さんと広忠さんの吼えっぷりが非常に気持ち良かった。やっぱり、能楽現在形は、このトリオが一番好きだなぁheart04 そして、こんなに太鼓の方って吼えたっけというくらいに、太鼓の前川光範さんが負けじと(?!)吼える吼える。

後半おシテが獅子舞の装束で出てくる前のお囃子が始まると、それだけでもう気分が高揚してきます。これでもかっていうくらいの力強いお囃子をバックに獅子舞を舞われるおシテもかなりパワフル。観世流の場合は、御浜御殿の綱豊卿と同じく白頭に2枚の扇に頭の天辺に牡丹(?!)の花で華麗でおしゃれな感じでしたけれど、宝生流の場合は赤頭でした。扇は2枚ではなく1枚でこちらは雄壮な感じ。お囃子はこれ以上は無理だろうというくらいのパワー全開でしたけれど、おシテが獅子舞の衣裳を脱いで油断している望月に花若と向かっていくところでさらにクレッシェンド。まさにクライマックスに仇討ち!! おシテや囃子方、地謡の方々が静かに去った後、無人の舞台は演者の方々の熱気でキラキラしていました。

前半の途中で何回か落ちそうになりましたけれど、いやぁ~面白かったぁ~ 興奮冷めやらぬまま水道橋に向かう帰り道、獅子のメロディが頭の中でずっと鳴ってましたnotes

前回の安宅の舞囃子も藤戸も、今回の望月もとても面白く見ることができました。宝生流が好きかどうかは分かりませんが、金井雄資さんのおシテは結構好きかもしれませぬ。

最終回は、いよいよ友枝昭世さんのおシテ。小鼓は大倉源次郎さんです。どんな世界が繰り広げられるのでしょうか(^^)

『法師ケ母』は、前半の萬斎さんの酔っぱらいぶりに見ている方もなんだか酔っぱらいそうでした(笑) 後半の青と薄茶の縞の衣裳の青がとても綺麗な色で、憂いを満ちた萬斎さんの謡とよくマッチしていました。後半はセリフよりも謡が多くてオペレッタ風でこれもなかなか良かったです。

続きを読む "第9回能楽現在形(4/11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日

忘れてました

本日、海老蔵さんがテレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!』の第1回目のゲストで出演されます。通常は午後10時からですが、今日は、特別2時間枠で午後9時~午後10:48放送予定とのこと。

テーマは「逝き恥をさらさない生き方」だそうです。「たけしの誰でもピカソ」の後番組ですが、どう切り口が変わるのでしょうか(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月大歌舞伎@歌舞伎座 追加情報

ということで、今回は團菊祭とは銘うっていませんが、5月は、お気に入りの座組である成田屋+菊五郎劇団と藤十郎さんご一家。配役も新鮮ですので、すっごく楽しみ。遅まきながら歌舞伎美人のサイトに追加の配役がでていましたので追記しておきます。気になっていた「神田ばやし」は、やはり人情噺のようです。もうそろそろ、歌舞伎美人のサイトにみどころが出るのではないかと思います。

平成21年5月2日(土)初日~26日(火)千穐楽

【昼の部】(午前11時開演)

1.暫    
    鎌倉権五郎・・・海老蔵
    鹿島入道震斎・・・翫雀
    照葉・・・扇雀
    成田五郎・・・権十郎
    東金太郎・・・市蔵
    足柄左衛門・・・亀蔵
    荏原八郎・・・男女蔵
    埴生五郎亀三郎

  小金丸・・・巳之助
  大江正広・・・萬太郎
  加茂三郎・・・亀寿
  局常盤木・・・右之助
  家老宝木蔵人・・・家橘

  桂の前 ・・・門之助
    加茂次郎義綱・・・友右衛門
    清原武衡・・・左團次

2.  寿猩々    竹本連中
     猩々・・・富十郎
     酒売り・・・魁春
    手習子     長唄囃子連中
     娘お駒・・・芝翫

3.盲長屋梅加賀鳶 本郷木戸前勢揃いより赤門捕物まで  
  天神町梅吉/竹垣道玄・・・菊五郎
  女按摩お兼・・・時蔵
  春木町巳之助・・・三津五郎
  魁勇次・・・松緑
  昼ッ子尾之吉・・・菊之助
  虎屋竹五郎・・・海老蔵
  お朝・・・梅枝
  御神輿弥太郎・・・團蔵

  道玄女房おせつ・・・東蔵
  伊勢屋与兵衛・・・彦三郎
  雷五郎次・・・左團次
  日陰町松蔵・・・梅玉

4.戻駕色相肩   常磐津連中
  浪花の次郎作・・松緑
  禿たより・・・尾上右近
  吾妻の与四郎・・・菊之助

【夜の部】

1.毛剃 
  毛剃九右衛門・・・團十郎
  傾城小女郎・・・菊之助
  中国弥平次・・・権十郎
  小倉伝右衛門・・・市蔵
  徳島平左衛門・・・亀蔵
  加田市五郎・・・松江
  じゃがたら三蔵・・・男女蔵
  浪花屋仁三・・・亀鶴

  座頭盛市・・・彌十郎
  奥田屋お松・・・秀太郎
  小松屋宗七・・・藤十郎

2.小猿七之助 御守殿お滝
   夕立      清元連中
  小猿七之助・・・菊五郎
  御守殿滝川・・・時蔵

3.神田ばやし    
  家主彦兵衛・・・三津五郎
  桶屋留吉・・・海老蔵
  娘おみつ・・・梅枝
  女房おかね・・・右之助  
  隠居おらく・・・市蔵
  行者陽山・・・亀蔵  
  若い者正太・・・亀寿
  若い者新七・・・巳之助
  店子重吉・・・亀三郎
  店子源太・・・男女蔵
  店子清兵衛・・・権十郎
            
  店子加蔵・・・秀調
  店子惣助・・・團蔵

4.鴛鴦襖恋睦 おしどり    常磐津連中
                    長唄囃子連中
  遊女喜瀬川 /雌鴛鴦の精・・・菊之助
  河津祐安/雄鴛鴦の精・・・海老蔵
  股野景久・・・松緑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちかれたびぃ~

今日は、5月の歌舞伎座の歌舞伎会ゴールド会員のチケットの先行発売日。いつものごとく20分ほど前に入ってスタンバイしたまではよかったのですが、一定時間操作をしないとアウトになるので、何回か画面を変えていたら、な、なんと5分ほど前にハネられてしまいました(@@) ひょぇえ~!!あわてて、もう一度入ろうとしたら、もう完全に門前払い状態crying 固まったときの予備にWeb松竹の画面をいくつか立ち上げていたのですが、それがいけなかったようです。今まではそんなことなかったのですが、最近、ブラウザーをバージョンアップしたのが敗因かも(--; また、元に戻そうかしらん... 

ということで、10分ほどアタフタとトライしているうちに入れて、まず最初に母親と行く分をゲット。次に自分の分を取ろうとしたときに画面が固まってしまいました。このままじぃ~っと大人しく待っていれば良かったのに、つい、あせってリロードボタンをクリック。後悔先に立たずbearing それから、また入れないこと10分強。なんとか再び入れたけれどいやぁ~もう重いこと重いこと。もう、ダメかなと思いつつも母親と行く日の16列目を無事ゲット。今回は暫の引っ込み狙いもあったけれど、年寄りを連れていくときはなにかと便利な席。新しい歌舞伎座になっても残しておいて欲しい席ですが、たぶんここは一等席になっちゃうだろうなぁ...

その後、自分の分を取って時計を見たら10時45分頃でした_ノフ○ かなり重たかった割には、希望日のほぼ希望席が取れましたのでめでたしめでたしでしたけれど、あの重さはいったいなんだったんでしょう...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日

第8回能楽現在形(4/8)

「花よりも花の如く」の影響も多分にあるけれど、元禄忠臣蔵の御浜御殿での綱豊卿の装束に心惹かれ一度見てみたかった「望月」。これまでに3~4回チャンスはあったもののスケジュールが合わずに泣く泣く断念。やっと念願かなって見ることに。それも三流派(観世、宝生、喜多)連続(^^) お知らせをもらってからず~っと楽しみにしていました。

にもかかわらず、昨日、途中爆睡したわたくしcoldsweats01  土曜日は心して見なくては(^^;  とにもかくにも初めて見たもので、最初、片山清司さんが橋がかりに登場されたときに「あれ?宝生欣哉さんじゃないよね?」と頭の中が一瞬???名乗りはじめてやっと気が付きました(恥) おシテは直面でしたのね(^^; このお能、面を着けているのはツレの安田友治の妻のみ。 

宝生閑さんの「幻視の座」によると、観世流の場合は、仇討ちの場面はリアルにやらずにワキがすっと立って笠を残し切り戸から消えて、シテと子方は笠を刺して仇討ちの姿を示すけれど、「古式」の小書きが付くと刀で刺す場面をリアルにやるとのことでした。今回「古式」で、シテと子方が刀を抜いて刺そうとするときにワキがすっと消えて、その後に笠を刺していたようです。

古式ということで、シテは長袴を履いて獅子を舞いましたが、これはかなり大変そう。橋掛かりからお幕に引き上げる片山清司さんのお顔がかなり紅潮されていました。お能の場合、動き回った後に急激に止まることが多いですが、息を上げずにいるのってものすごいことだろうなと、いつも思います。

今回の子方の方は、大人に混じって演じてもひけをとらないくらい堂々としていてなかなか風格がありました。アイの萬斎さんが着ていた裃の鬼瓦の模様がとてもユーモラスでデザイン的にも面白かったです。ツレの安田友治の妻の緑色の濃淡の装束も上品な色合いで素敵でした。後の2回は、どう違うのか目をぱっちりと見開いて見届けたいと思います。(大丈夫かなぁ~(^^;)

最初の一調の途中から、野村四郎さんの手が小刻みに震えてきて、そのうち肘のあたりからブルブルしてきたので、どうかなさったのかしら、大丈夫なのかしらとものすごく気になってしまいました。気になると余計にそちらに目がいってしまって気もそぞろ。望月で後見で出ていらっしゃったときには普通でしたので一安心しました。お能に詳しい方のブログによると、そういうクセがある方だそうですが、初めて見たのでびっくり。

続きを読む "第8回能楽現在形(4/8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日

春うらら

P1000205 今年は桜の開花予想が早かったですが、うちの方は小学校の入学式に合わせたかのように今が盛りというところでしょうか(^^) 昨日、お天気がよかったので、近所にお花見。

小学校の桜はほぼ満開ですが、この桜は川っぷちに咲いているせいか、まだ蕾がたくさんついていました。

子供連れで木の下でおやつを食べながらお花見をしているグループ。P1000206ベビーカーを押している人、ご夫婦連れ、犬を連れている人など、暖かいのどかな昼下がりの散歩をそれぞれに楽しんでいる様子。桜の名所ではないけれど、近所に気軽にお花見を楽しめるところがあるというのは嬉しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日

雷神不動北山櫻@御園座(4/3)

200904032103000 というわけで、一昨日行ってきました。まだ、始まったばかりなので、ざっと(と言ってもいつもそうですが(^^;)。

口上があってからお芝居が始まるという構成は前回と同じですが、発端と序幕が前回とはかなり変わっています。場面転換を減らした分流れをスッキリさせて、早雲王子の悪の部分を強調したようです。が、発端の場面がちと分かりにくいような気がします。わたしはどちらかというと前回の方が好きかもしれません。

続きを読む "雷神不動北山櫻@御園座(4/3)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 3日

本日、ここにいます!

本日、ここにいます!
今日はいいお天気。そうだ!名古屋に行こう!というわけで、これから御園座です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日

男三人寄れば...

またまた、海老蔵さんがテレビのトーク番組に出演される模様(成田屋公式サイト)。今月の御園座の宣伝ということもあるのでしょうね。朝7時は、わたしのclockでは、丑三つ時ですので録画必須でございます。

平成21年4月5日と12日の朝7:00~7:30、フジテレビで放映予定の『ボクらの時代』に、海老蔵が出演させていただきます。
 一緒にお話しをさせていただいたのは、藤原竜也さんと小栗旬さん。
 どうぞ、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日

あら、もう4月だわ

Photo 早いもので、もう4月。3月は年度末ということもあってか、12月よりもせわしない一月を過ごしてしまったような気がします。書きかけの記事がいくつかあるのですが、過去は振り返らず前進あるのみということで(^^; ぶっちすることにしましたcoldsweats01

テレビは月曜日から新年度ということで、昨日から新番組が始まっちゃっていますね。NHKの教育テレビの「知る楽」では松井今朝子さんの「極付歌舞伎謎解」の第1回目は『暫』。なぜか、本日から始まった團十郎さんが担当される日本の伝統芸能「歌舞伎入門」も『暫』。狙ったわけではないのでしょうが、5月の歌舞伎座でも『暫』。両方拝見しましたけれど、昨日の「知る楽」の方は途中で意識が飛んでしまいました(^^; なのであまり偉そうなことは言えませんが、ある程度歌舞伎をご覧になったことがある方がより歌舞伎を知るという点では面白い番組かと思います。テキストにも書かれていますが、歌舞伎の楽しみ方は人それぞれ。あまり構えずに単に娯楽として見るのも一興かと思います。わたしは「贔屓常連」っていうやつでしょうかしら(^^)

團十郎さんの「歌舞伎入門」(日本の伝統芸能)の方がよりかみ砕いた説明ですし、実際に演じている方のお話なのでこちらの方が歌舞伎をご覧になったことがない方でも分かりやすいような気がします。しかしテキストに極めて初歩的な誤植があるのは、NHKとあろうものがちと恥ずかしいかと...(^^; 

今日は、御園座の「雷神不動北山櫻」の初日でした。無事に終わったかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »