« 7月大歌舞伎 | トップページ | 5月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部(5/3) »

2009年5月 3日

5月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部 (5/2)

團菊祭とは銘打っていないと言えども、ほぼ成田屋+菊五郎劇団とあっては初日に行かずしてなんとする。ということで行ってきました。昼の部と夜の部をどちらを先に行くか迷ったのですが、見たことがない演目ばかりの方が気になるので、まずは、夜の部へ。

昼の部が押していて昼夜の入替が大混雑。夜の部の開場は4時15分過ぎでした。今日(5/3)も昼の部が終わったのが4時5分くらいでした。

「毛剃」 ずっと見たかった演目。やっと見ることができました。予想していたのとはちょっと違いましたが、團十郎さんらしい大らかで太っ腹なお芝居でした。前半の船の場面がもうちょっとテンポアップして欲しいところですが、團十郎さんですのであまりテンポはあがらないかもしれませぬcoldsweats01 博多(&海)を舞台にばってん言葉と上方の言葉が飛び交うわ、衣裳もビロードだったり更紗模様だったり、船の上ではワインを飲んでいたりとちょっと風変わり。初演当時は異国情緒たっぷりな感じだったんでしょうか。

「夕立」 清元の「夕立」に小猿七之助の深川州崎の場を当てはめたものだそうです。菊五郎さんいわく、『おもしろいけれど何かいやらしい一場』(毎日新聞のインタビュー記事より→こちら)とのこと。菊五郎さんはどちらかというとあまりギラギラした感じの方ではないので、大人の雰囲気ではあったけれど、あんまりいやらしくはなかったかもcoldsweats01 できれば、これはお芝居で見たかったなぁ...

「神田ばやし」 人情噺とのことでしたが、後半の台詞がちょっと説教じみていてなんだかなぁ...ネコを抱いていたりネコと戯れる留吉さんは可愛らしいけれど、留吉さんの言動にあまり共感できなかったなぁ。市蔵さんのご隠居がシュール(笑)

「鴛鴦」 前半「相撲の場」は長唄。後半「鴛鴦の場」が常磐津という舞踊劇。後半の海老蔵さんと菊之助さんの鴛鴦の精の踊りはしっとりとしてとても素敵。うっとりと聞き惚れ見惚れました。

今日は昼の部に行きましたが、昼夜4本ずつというのはちと多いかも。お腹いっぱいよりも腹八分くらいで留めておいた方が余韻があって良いのではないのかなと。

|

« 7月大歌舞伎 | トップページ | 5月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部(5/3) »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

まずは初日・夜の部から、という同じスタートでしたね~scissors
なんといっても「おしどり」でウットリlovely幸せな気持ちで帰宅できて、その後も「いい気分」が持続してます。
「神田ばやし」はちょっと留吉キャラについていけないものが・・・。でも、ほんと市蔵隠居が不気味に(笑)光ってましたね。
私はずーっと「踊りを見るのは苦手」と思ってたのですが、それでも石の上にもナントヤラで、だんだん楽しめるようにはなってきたのかな、というところです。

投稿: きびだんご | 2009年5月 5日 11:40

きびだんごさん、こんにちは

またまたご一緒でしたね(^^)
わたしも踊りは苦手な方ですが、最近、常磐津系の踊りは好きになってきました。

「鴛鴦」はよかったですねぇ。うっとりとその世界に浸っていられるっていうか...ただただボ~っと見惚れていましたlovely

「神田ばやし」の留吉っつあん、取っていないなら取っていないと最後までガンバらにゃぁ...いい人かもしれないけど,こういう人はなんだかなぁ...最後がどうも手放しでよかったよかったとは思えないのでした(^^;

投稿: kirigirisu | 2009年5月 5日 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/44885057

この記事へのトラックバック一覧です: 5月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部 (5/2):

« 7月大歌舞伎 | トップページ | 5月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部(5/3) »