« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日

海老蔵さん 「はねるのトびら」にゲスト出演

7月の歌舞伎座もありますけれど、主に座頭である8月の石川五右衛門@演舞場の宣伝のためでしょうか、7月はTVや雑誌などメディアの露出度が高くなりそうですね。

成田屋の公式サイトによりますと明日7月1日(水)19:57~20:54 フジテレビ『はねるのトびら』に海老蔵さんがゲスト出演されるとのこと。あまりTVを見ないので、この番組は見たことがないというか、番組の存在さえ知りませんでしたので、どんな内容なのか皆目見当がつきませんcoldsweats01 番組のサイト(→こちら)を見るかぎりでは、海老蔵さんかなりはしゃいでいる様子。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かぶく者第5巻

第5巻がそろそろ出てもいい頃なので某書店のコミックコーナーを探索。これまでよりもかなり地味な表紙。お話の方は無事に『連獅子』が終了し、今度は『四谷怪談』。これまでは、こんなのありえなぁ~い!!という突拍子もないところがツボでしたが、そういう意味では、今回はやや低調かも。

巻末の原作者のデビット・宮原さんの「歌舞伎鑑賞術」の蘊蓄がなかなか面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日

滑り込みセーフと見逃し

相変わらず放置気味でございます。月の後半に仕事でちょっと修羅場ってしまったのですが、なんとか仁左さまの一世一代の油地獄&夜の部は26日に滑り込みました。が、演舞場の「NINAGAWA十二夜」はチケットをゲット済みだったので散々迷ったのですが、どうあがいても時間が取れそうもないのでこちらは見逃しとなりましたweep 

7月は歌舞伎座中心ですが、8月もあるのでそこそこにというところでしょうかhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日

やっと 海老蔵五右衛門の制作発表

今日、五右衛門の制作発表があったもよう。

オリコン(写真付き)うしろに昨日新聞の広告に載っていたのと同じポーズのポスターが見えます。

産経新聞(写真付き) 七之助さんのお役が「茶々」と紹介されています。

とりあえず2つ。実は、今修羅っていて、こんなことしている場合ではないのですが(^^;、また、見つけたら補足します。

☆補足☆

・NHKの首都圏ネットワークでも紹介されていました。(→こちら今のところテキストのみです。ニュースを動画で見ることができますが期間限定(今日の夕方くらいまで?)

☆補足の補足☆(6/24)

ぴあ(写真付き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日

とりあえず 海老蔵五右衛門

今日の毎日新聞の夕刊に「石川五右衛門」公演の写真付きの広告が載っています。五右衛門の扮装をした海老蔵さんの写真は2種類で、どちらも銀キセルを持っています。一枚は小ぶりのアルペンホルンのような長めのキセルをかまえたポーズ。もう一枚は頭上で毛抜のキセルより少し大きめ(?)のキセルを指で回すようなポーズ。鬘は正式な名称は分かりませんが、菊百っていうのでしょうか、児雷也の鬘に似ていますがそれよりも小ぶりな感じ。と、なんだかワケがわからない説明ですが、24日が一般発売日ですので、一両日中にはこの写真付のちらしが歌舞伎美人にアップされることでしょう。(もしかしたら、劇場にはちらしが置いてあるかも?)乞うご期待!!

さて、肝心のお話ですが、広告によりますと、原案のストーリー作りに「金田一少年の事件簿」、「神の雫」などの原作者である樹林伸さんが参加されたとのこと。あらすじは「こそ泥に始まり、天下の大盗賊となり、やがては時の権力者である豊臣秀吉に戦いを挑むまでを大胆に描きだしていく」だそうな。秀吉の宝物をめぐってなんやかんやがあるようです。舞台機構を駆使してと書かれていますが「宙乗り」とか「葛籠抜け」という文字は今のところみあたりませぬ。

夏休み向けに誰でもが気楽に楽しめる舞台になりそうです(^^) しかし、未だに出演者は3人しか分からないし、七之助くんの役にいたっては謎のままcoldsweats01 まさか、あとは見てのお楽しみということはないでしょうね?!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月20日

再び 茂木健一郎さんx海老蔵さんの対談

石川五右衛門の情報がないかと検索していましたら、茂木健一郎さんのブログ「クオリア日記」に、最近、再び海老蔵さんと雑誌(Grazia)向けの対談をされたという記事が掲載されていました。

これ以外にも五右衛門の宣伝がらみで、雑誌やテレビの露出が多くなりそうですので、これからしばらくキョロ(・_・ )( ・_・)キョロしなくては。

今日、8月の演舞場公演のゴールド会員の発売日でした。座席表を見ると宙乗りがあるときに3階に揚げ幕が作られる近辺の席が販売の対象外になっています。葛籠抜けはありそうですね(^^) 中村橋吾さんのブログによると馬ぬけっていうのもあるとか。どんなんでしょうね。それも見てみたいなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日

歌舞伎座さよなら公演七月大歌舞伎インタビュー記事

歌舞伎美人のサイト(→こちら)に、7月の歌舞伎座公演に関する玉三郎さんと海老蔵さんのインタビュー記事がアップされました。制作発表の会見はかなり前に行われたもよう。月初めに日経の夕刊に小さな記事が出ているのを見ましたが、ネット記事はこれから出てくるのでしょうか。

ところで、明日、8月の演舞場公演の歌舞伎会ゴールド会員の発売日なんですが、日程と出演者3名(團十郎さん、海老蔵さん、七之助さん)以外の詳細はどうなっちゃっているんでしょうねcoldsweats01 こんなんじゃ分からないから明日はパスっていう方が多いといいんだけれどbleah

ちなみに、成田屋のサイトには、團十郎さんが豊臣秀吉、海老蔵さんが石川五右衛門と出ています。今月博多座でやっている『木下蔭真砂白浪』とは全く違うものになるんでしょうかしら?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けなげなやつ

P1000256 先週の日経能の感想を書こうと思いながらグズグズしているうちに一週間が過ぎてしまいました。すでに忘却の彼方にいきつつあるのでブッチすることに(^^; が、一言だけ。今まで、あまり狂言を面白く感じたことがないのですが、万作さんの「萩大名」は、素直に笑えておもしろかったです。グレーの地に帆掛け船の模様の衣裳がとても涼しげで素敵でした。

P1000264_2 ほとんど雑草園と化した庭に、なぜか、今年、ぶどうの実がたくさんなりました。もともとは、父親が大分前に通販で買った実がなる木の鉢植えシリーズを庭に植え替えたもの。手入れもなにもしないのでcoldsweats01実がなったのを見たことはありませぬ。これまで植えてあったところだと邪魔なので、去年の秋に今の場所に植え替え。この近辺はチューリップがよく咲く場所なので、多少肥料が効いているのでしょうか?!

P1000257 一房の大きさは大体6~8cmくらい。完全無農薬な(笑)ぶどう。果たして、お味のほどはいかに。って、これ食べられるんでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月13日

大手町座 第2回

新しくできた日経ホールで広忠さんプロジュースの「大手町座 第2回」公演が10月5日(月)と6日(火)に行われるとこのこと(→こちら)。本日から一般発売が開始されたようです。もしかしたら出遅れたかしらんsweat01と少々あせりましたけれど、まだ全然OKのようでございました。

両日ともに「三番叟」「舞囃子」「囃子付の狂言」という構成ですが、「三番叟」が忠雄・広忠親子と万作・萬斎親子の競演というなんとも憎いお膳立て。両方見たいところですが週初めの2日連ちゃんは、日程的にちとキツイthink どちらかを選ぶとしたら、やっぱりパパ組の日の方かなぁ...と、しばし思案の末、10月の予定などは皆目見当もつきませんが、とりあえずパパ組の日を確保(^^) 

ところで、大手町座第1回はイッセー尾形さんの一人芝居。こちらは気が付いたときは完全に出遅れweep

続きを読む "大手町座 第2回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日

キャベツキャベツ

さっき、京都のデパ地下を紹介しているtv番組をボ~っと見ていましたら、CMで「きゃべつきゃべつ」と言いながら海老蔵さんがイキナリ登場してきたのでびっくり(@@) あの後キャベツが山盛り入った箱を抱えて走るの?と一瞬思ったのですが、んなことなかったですね(^^;

というわけで、ヤマキのサイトを見てみましたら、CMの動画が紹介されていました。(→こちら) 2~3日前にのぞいたときにはなかったので、昨日か今日あたりアップされたのでしょうかしらん。わたしのお気に入りは、梅干し+しそなんですが、キャベツもよさげですねdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月演舞場の日程決定

8月の演舞場の日程が決定したようです。歌舞伎美人のサイトにアップされました。(→こちら)すでにチケット関連のサイトに出ているように8月8日(土)~8月27日(木)です。ちょうど歌舞伎座と日程がかぶりますが、1日1回公演と2回公演の日があるので、ハシゴが可能ですねwink

歌舞伎会のゴールド会員の先行発売が来週の土曜日20日なので、それまでにはもうちょっと詳細が分かることでしょう(と思いますが...(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日

いずれが菖蒲か杜若

Photo今日、ちょっとばかり空模様がrainあやしかったのですが、ちょうど出かける用事があったので明治神宮の花菖蒲を見に行ってきました。ここ数年、この時期になるとなんとなく菖蒲園に足を向けているのですが、今年が一番見頃の時期に当たったようですhappy01

4時頃に行くとあまり人も多くないので、今日もそのくらいの時間を狙っていったら、特別な行事があるとかで、閉園時間がいつもより30分ほど早い5時までと言われてしまいましたが、小一時間あれば十分。Photo_2                

菖蒲園を入ってすぐに池があります。以前は蓮の花で覆われていたのですが、今は枯れてしまったようです。池の中程に囲いがあってその中にいくつか咲いていたようですが復活できるとよいですね。

蓮の代わりにこんなものを撮ってみました。Photo_3 鯉を見るとこれはお高いのかしら?とつい下世話なことが頭に浮かぶのは困ったものですcoldsweats01

Photo_4 ということで、あまりうまく写っていませんが何枚かアップしておきます。

この後、北参道に抜けて代々木駅へ。そして、今日あたりには密命シリーズの最新刊「相剋」が店頭に出るだろうと当りをつけて徒歩で新宿の某書店へ。案の定すでに平積みされていたのでゲット(^^) そして、この後は国立能楽堂へ。電車で行こうか迷ったのですが、歩いても時間的には大して変わらないだろうと踏んで、能楽堂へ。ちょっと時間ギリギリになってしまいました。本日は、原宿→代々木→新宿→千駄ヶ谷というルートで図らずも結構な散歩とあいなりました。Photo_6

ところで、今日、びっくりしたのは、ここは公園ではなく神社なので、ジョギングするなとかゴミは持ち帰れとかタバコは決められた場所でとか大音声でアナウンスがあったこと。せっかくの自然いっぱいの静寂な空間で気持ちよくお花見をしていたのに水をさされたような気分。こうでもしなければフトドキモノが後をたたないのかもしれませんが、神社の方もなんだか無粋な感じがしないでも...

Photo_3   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 7日

「山帰り」成功祈願@大山

昨日、三津五郎さんが9月16日(水)、17日(木)に大山で行われる「山帰り奉納」の成功を祈願して、お練りが行われたという記事が本日の毎日新聞に写真付きで載っていました。(→ネット記事はこちら

「山帰り」は、三代目三津五郎が江戸時代に初演した演目で、大山に参詣したとび職人が帰りの道中でばくちに負けるなど、自らの間抜けぶりをあざけるという筋だそうです。9月の公演は、これに林家正蔵さんの落語と江戸消防記念会の木遣りも奉納されるとのこと。

面白そうな公演なので行ってみようかしらん。と思い、大山についてあれこれと検索していたら、な、なんとすでに公演のサイトができていました。(→こちら) これは行きなさいという天の声でしょうか(笑)

両日とも午後4時開演。チケットは7月5日からチケットぴあなどで発売予定。料金は、S席6,000円、A席5,000円、B席2,000円。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 5日

家庭画報7月号

今日、美容院でたまたま家庭画報の7月号を見ていましたら、琵琶姫のとても可愛らしいアップの写真が目に飛び込んできました。菊之助さんのご贔屓にはたまらない一枚ではないでしょうかhappy01 NINAGAWA十二夜のロンドン公演の密着取材記事のようです。菊之助さんの麗しいお写真が満載。ただ、一枚だけ種明かし気味の写真が載せてあったのはちと?でしたが...

長年通っている美容院なので、それなりの雑誌を選んで持ってきてくれるのですが、お料理関連の本を持ってきてくれる率が高いのはなぜでしょう?あまり食べ物の話をしたことはないはずなのですが、外見から食い意地が張っているように見えるのでしょうかしらpig(笑) 

美容院の後に、某所で三番叟と道成寺組曲を聴く機会があったのですが、今までに聞いたことがあるものと比べてあまりにも違うのに唖然。笛の音もなんだかなぁでしたが、あのドヨヨ~ンな小鼓ってありなんでしょうか?(毒) 今CDでお耳直し中です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 3日

八月歌舞伎公演@新橋演舞場

あちらこちらでちらほらと漏れ聞こえていた8月の新橋演舞場公演。やっと仮ちらしが歌舞伎美人のサイトにアップされました。とは言っても、主な出演者と仮の題名と料金のみ。演舞場のサイトには「日程未定」と書かれていますが、某チケットサイトには、8月8日(土)~27(木)と明記されています。大手ですので闇雲に見切り発車ということもないでしょうが、正式に松竹のサイトに載るまでは大人しくよい子にして待っていることにいたしますconfident

ということで、新作歌舞伎「石川五右衛門」(仮題)。現時点での出演者は、海老蔵さん、團十郎さん、七之助さん。海老蔵さんの座頭公演ということで團十郎さんは特別出演となっています。七之助さんは、歌舞伎座の納涼歌舞伎と掛け持ちになるのでしょうか?演舞場は昼夜同一演目(通し狂言)とのことですので、3部には間に合うのかな?

海老蔵さんと七之助さんが組むのは珍しい(初めて?)ですので、そういう意味でも楽しみな8月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日

新手の新型インフルエンザ対策?!

明日から松竹座で海老蔵さんの特別舞踊公演(6月3日~10日)が始まりますが、新型インフルエンザの退散祈願として、当初予定されていなかった海老蔵さんの「口上」と「にらみ」が披露されるそうな(→こちら)(どうせならば、きちんと拵えをしている写真にしてくれればよかったのにcoldsweats01

補足の補足(6/3)

「にらみ」をご覧になったことがない方にはちとアヤシク見えるので、もうちょっとマシな写真が載っている記事を見つけました(→こちら)実際は、鉞髷に柿色の裃の拵えで行われます。

毎日新聞に「にらみ」の記事と写真が掲載されました(→こちら

「にらみ」を見ると1年間風邪を引かないという言い伝え。「本当かいな?」 とちょっと首をひねりたくなりますが、よぉ~く考えてみると、海老蔵さんの襲名以来ここ数年「にらみ」を結構見ているせいでしょうか、確かに最近あまり風邪をひかなくなったような気がします(^^)

新型インフルエンザは終息に向かっているようですが、これで一気に吹き飛ばされると良いですね。ついでにお客さんもたくさん入ってくれれば一挙両得happy01

最近の海老蔵さんはサービス精神旺盛ですねsmile

☆補足☆

歌舞伎美人サイトにも「お知らせ」が載りました。「口上」は「七つ面」の前に行われるようです。この21世紀の時代に、『新型インフルエンザ蔓延につき、急遽、「口上」にて市川海老蔵「にらみ」相勤め申し候』 という文面が素敵。権五郎ちゃんではありませんが、インフルエンザのウィルスを睨み殺しちゃって欲しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 1日

「居眠り磐音 江戸双紙」 30巻発売予定

Sirowabisuke 7月16日に「居眠り磐音 江戸双紙 30 侘助ノ白」(仮)が発売される予定(双葉社のサイトより)。家基さんの件はそろそろでしょうか。まだまだひっぱるのでしょうか。

ちなみに、侘助は椿の一種。写真は白色の侘助。花の時期は11月~3月。微妙な時期ですねぇ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂東玉三郎演出 鼓童『打男 DADAN 』

9月19日(土)~9月23日(水)(秋のGW中)に行われる玉三郎さんの演出による鼓童の特別公演『打男 DADAN 』@世田ヶ谷パブリックシアターのチケットが5月30日から発売されています。先ほど、世田パブのWebチケットを見たら全部売り切れ。ひぇ~!! まだ、3カ月先なのに。と驚いて他のところをチェックしてみましたら、ぴあ、e+、Zen-A(全栄企画)では、まだまだチケットが残っている模様。劇場の持分があまりなかったということなのでしょう。

さて、今回はメンバーを7人に絞って小規模編成による公演。ベテランの見留さんを筆頭に中堅3名若手3名。正に文字通り太鼓打ちの面々。個々のメンバーの個性や持ち味がどのように昇華されるのかとても楽しみ。

制作発表は、すでに5月11日に世田ヶ谷パブリックシアターで行われたようです。玉三郎さんもお忙しい方ですが、鼓童のメンバーもこの後すぐにヨーロッパツアーと国内の交流ツアーに別れて目下それぞれに演奏活動中。

制作発表の記事(写真付き)

Zen-Aのスタッフのブログ(写真付き)

ついでと言ってはなんですが、坂本雅幸さんの個人技がかいま見られる「族」のyoutubeの映像2種類。同じ曲ですがアレンジ(&太鼓の数)が少々違うようです。

アルゼンチン公演(昨年秋)

アメリカ公演(今年3月)

船橋さん、石塚さん、小田さんの燃焼系3人の映像

(昨年の12月公演)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »