« 11月の演舞場は花形歌舞伎 | トップページ | 明けましておめでとう?! »

2009年7月10日

三婦と義平次

先日、SwingingFujisanさんのブログ(SwingSwingSwing part2)で猿弥さんが急病のため6日(月)から休演され、「海神別荘」の沖の僧都は猿三郎さん、「夏祭浪花鑑」の三婦と「天守物語」の小田原修理を市蔵さんが代役を務められるという記事を拝見し、猿弥さんのことを心配しつつも、気になるのが「夏祭浪花鑑」の市蔵さんの三婦と義平次の二役。

三婦と義平次は同じ場に出てこないにしても、入れ違いに舞台に出入りするところがあるので、これをどうやって切り抜けるのか非常に気になってしかたがありません。歌舞伎には「三日御定法」(代役が三日目を過ぎたら、四日目から本役にもなる)というシステムがあります。本来ならば昨日で代役が本役になっているはずなので、楽日近くにもう一度見に行くのでそのときに確かめればよいかなと思っていたのですが、猿三郎さんのブログによりますと今回は「三日御定法」に関係なく猿弥さんが復帰されるとのこと(大事ないようでよかったです)。その前にどうしても確かめたくって、今日、急遽、幕見に行ってきました。

二幕目の後半、三婦さんちで無体な振る舞いをするこっぱの権となまこの八(新蔵&新十郎コンビ)をこらしめるために二人を連れて出て行って、その後にお辰が磯之丞を連れて立ち去り、それと入れ違いに義平次が駕籠を連れて三婦の家にやってきます。この時、普段は義平次が直接おつぎさんに団七に頼まれて琴浦を迎えに来たと手紙を渡すのですが、今回は駕籠かきの一人が代わりに手紙を渡していました。義平次は団七の舅ですからこの場で一言も発しないのはおかしいですが、義平次が急いで琴浦を連れ去ろうとするところなのでほとんど違和感を感じませんでした。

ところで、今日は平日ですし、海老蔵さんの「夏祭」はさほど混まないだろうと高をくくって4時15分過ぎくらいに行ったら、なんとまぁ「立ち見です」と言われてしまいました。ここでも、まだ、わたしは、「立ち見」っていっても、一つくらいは席は空いているだろうと楽観視していたのですが本当に椅子席は満席weep 時間が経つに連れて立ち見のお客さんも増えてくる...これじゃぁ座れそうもないなぁとここでやっとあきらめ。二時間くらいなら立ってられるし、もし、疲れたら、この後、国立劇場に行くので、 二幕目まででいいかなと思っていました。そしたら、運良く序幕で帰った外人さんがいたので座ることができましたので結局大詰まで見てしまいました。見てよかったですhappy01

初日から一週間経って、長町裏の場は、市蔵さんの義平次が数倍いやったらしくなった分、立ち廻りで団七の美しさがかなり際立てられていました。市蔵さんが汚くなればなるほど、そして団七を追いつめれば追いつめるほどに海老蔵さんがそれに反比例して輝いていくような感じ。市蔵さんが海老蔵さんの良さを引き出していると言ってもよいかもしれませぬ。金丸座の感じに近づいてきているかも。もちろん、小屋の大きさが違うので金丸座のときの雰囲気は歌舞伎座では再現できないけれど、歌舞伎座の寸法に少しずつあって来ているようで、まだまだ、これから進化しそうです。長町裏はすっごく面白くなっています。

ところで団七が最後に着物をバッと放り上げて袖に腕を通して着ていますが、あれってめ組の喧嘩の辰五郎さんのマネっこですかしらん(^^)

|

« 11月の演舞場は花形歌舞伎 | トップページ | 明けましておめでとう?! »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

そうそう、そこが気になってました!レポ、ありがとうございます!^-^

投稿: urasimaru | 2009年7月11日 16:45

urasimaruさん、こんにちは

夜寝られないほどではないのですが(笑)
どうしても気になって行ってきました。
普通なら二役にはしないと思うので
猿弥さんの復帰を念頭に置いた配役
なのでしょうね。

投稿: kirigirisu | 2009年7月12日 12:24

明日より猿弥さん復帰だそうです。(猿三郎さんのブログから。)

投稿: urasimaru | 2009年7月12日 21:26

あ、今日から復帰されてたみたいです。あわてててごめんなさい。M( )M

投稿: urasimaru | 2009年7月12日 21:29

伊藤園貸切公演の時に、休演のお知らせがなかったので、歌舞伎座社員に訊いたところ「本日昼の部より、猿弥さん復帰」とのことでした。

投稿: とこ | 2009年7月12日 22:25

urasimaruさん、こんにちは

猿弥さんの復帰のお知らせありがとうございました。
大事なくてよかったですね。

金曜日に無理しても謎を解き明かしに行ってよかったです(^^;
できれば猿三郎さんの沖の僧都も見たかったのですが...観客とは我が儘なものですcoldsweats01

投稿: kirigirisu | 2009年7月13日 12:35

とこさん、こんにちは

猿弥さんが12日から復帰されたというお知らせ
ありがとうございました。大事なくてよかったですね。
猿三郎さんも市蔵さんもその日に言われてすぐに代役をされたというその底力には感服です。

伊藤園の貸切公演にいらっしゃったということは
お茶会にも出席されたのでしょうか?
海老蔵さんも顔を出されたとか。
ちとうらやましいです(^^)

投稿: kirigirisu | 2009年7月13日 12:52

伊藤園の貸切公演のお茶会は、いつも待ち時間が長くてパスしております。海老蔵さんは公子の扮装でお出になったようですね。ちと見たかった。

投稿: とこ | 2009年7月13日 21:20

とこさん、こんにちは

半分の方がお茶会に出られたとしても
かなりの数ですものね。
ネットのニュースで写真を見ましたが
マントとかぶり物なしだとなんだか?
ですね(笑)

投稿: kirigirisu | 2009年7月14日 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/45595555

この記事へのトラックバック一覧です: 三婦と義平次:

« 11月の演舞場は花形歌舞伎 | トップページ | 明けましておめでとう?! »