« 拍子抜け | トップページ | 蛮幽鬼の公式サイトオープン »

2009年8月 7日

システィーナ歌舞伎

『石川五右衛門』あと1日で初日。ドキドキワクワクheart01 演出・振り付けの藤間勘十郎さんもお稽古の様子をブログに書かれています。出演される猿三郎さんのブログと合わせて読んでは一喜一憂の日々。新作なので色々あるでしょうが、舞台の方は、着々と準備が進んでいるようです。

ところで、五右衛門のことも気になるのですが、勘十郎さんが記事に書かれている「システィーナ歌舞伎」というのがどうも気になってしかたがありません。検索してみました。9月に大塚国際美術館@徳島県で行われるイベントでした。(詳しくは→こちら)「切支丹寺異聞 伽羅沙」は、梅若玄祥さんと山本東次郎さんの同名の新作能を歌舞伎舞踊化したものだそうです。

上村吉弥さんが細川ガラシャ、坂東薪車さんが細川忠興という配役。イメージにぴったりなお二人ですね。ちらしには歌舞伎入門的な催しと書かれていますけれど、長唄に聖歌と教会音楽が加わるというかなり画期的な演目のようです。近くでしたら、行ってみたいのですが...

大塚国際美術館システィーナ・ホールを舞台にその空間にふさわしい和と洋のコラボレーションした歌舞伎を開催します。

日時:  2009年9月5日(土)   昼の部 13:30開演 
 夜の部 17:30開演 
      9月6日(日)   昼の部 13:30開演 
入場料: A席 6,500円/B席 5,500円(全席指定)
(美術館入館料・観劇料・消費税等含む)
演目: ●歌舞伎その美の世界
●切支丹寺異聞 伽羅沙
 (きりしたんでらいぶん ガラシャ) ※制作 松竹
出演者: 上村吉弥、坂東薪車 他

|

« 拍子抜け | トップページ | 蛮幽鬼の公式サイトオープン »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/45856594

この記事へのトラックバック一覧です: システィーナ歌舞伎:

« 拍子抜け | トップページ | 蛮幽鬼の公式サイトオープン »