« いつのまにか神無月 | トップページ | 初春花形歌舞伎@演舞場 »

2009年10月23日

蛮幽鬼(10/23)

Photo 仕事が押しているので、本当はこんなことしている場合ではないのですが、どうしても見逃したくなかったので、強行突破。どうせ都心に行くのだからと、観劇前に仕事の資料を探しに八重洲ブックセンター、その後美容院によってボサボサ頭をカット。身も心もスッキリ。明日から仕事に励めそうhappy01

評判どおり早乙女太一さんの立ち廻りは見応えあり。長い手足を十分に使ってキレのある動きはひときわ美しい。堺雅人さんの立ち廻りは、早乙女さんや上川さんに比べてちょっぴりキレが悪いかなという印象はあるものの、この人は決して足音を立てて歩かないし走らないし、気配を消しているだろうな思わせる身のこなしはさすが。このサジという得体の知れない人物。非常に危険な人ではあるのだけれど、その飄々とした話しぶりと身のこなしでその雰囲気を消して、独特の存在感を感じさせる。サジが登場するとその場とは違う空気をまとっているような感じがした。堺さんの舞台役者としての魅力を再認識。もっと舞台に出て欲しい。

上川さん演じる伊達土門/飛頭蛮の人間くささとの対比がハッキリしてておもしろかった。二人の共演を楽しみにしていたので、無理してでも見に行った甲斐があったというもの。あともう一人のお目当ての山本亨さん。お目当てといいながら、どの役なのか把握していなくて、蔵人をやっているのはだれ?とチェックしたら、山本さんでした(^^;

これで、迷っていた「ヘンリー六世」を見に行くことを決心。とはいっても、来年の3月の予定など皆目わかりませぬ...

☆蛇足☆
これまで、マントを翻させたら日本一の役者は海老蔵さんと信じて疑っておりませんでしたが、上川さんも同点首位くらいかとlovely(今回の衣装は、正確にはマントとは言わないかもしれませんが...) ヘンリー六世ではマント着ないかしらん?!

|

« いつのまにか神無月 | トップページ | 初春花形歌舞伎@演舞場 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ご覧になれてよかった&ブログ復活嬉しく存じます。
堺雅人さんが登場するとその場とは違う空気をまとっているよう--まったく同感です。「川上音二郎」でも堺さんが主役ではないかと思うどの活躍でしたが、このたびのサジで、私もその魅力をあらためて認識しました。ほんと、もっと舞台に出てほしいですよね。
上川さんのマント姿、おっしゃるように素敵でした。マントの定番ドラキュラを上川さんで見たくなりましたsmile ヘンリー六世で着る可能性は十分あるのではないでしょうか。しかし一般に演劇はチケット発売が早すぎますよね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年10月24日 09:29

Swingingfujisanさん、こんにちは

いやぁ~ホント無理してでも見に行ってよかったです。
最後の方はウルウルしてしまいました。

空気だけでなく、サジの言葉で、一転して物語を違う角度で
見るようなそんな不思議な感覚もありました。もっと舞台
に出て頂きたいですねぇ。

上川さんのマント姿が素敵に一票ありがとうございました(笑)
やっぱりヘンリー六世は見に行かなくては(^^)

投稿: kirigirisu | 2009年10月24日 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/46564541

この記事へのトラックバック一覧です: 蛮幽鬼(10/23):

« いつのまにか神無月 | トップページ | 初春花形歌舞伎@演舞場 »