« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日

再生 密命22恐山地吹雪

ちょこちょこと検索ワードに「密命」の文字が入ってくるので。祥伝社のサイトによると新刊は12月12日発売予定。題名は「再生 密命22恐山地吹雪」 こちらの紹介文によると「今回の舞台は青森、八戸。強い相手を求める清之助の廻国修行は続く・・・」 ということで、まだ御前試合までたどり着きそうもない。まだまだ、ひっぱるようだ。

学生時代、夏休みに恐山に行ったことがあるけれど、真夏にもかかわらず寒々としたところだった。荒涼とした風景を今でも覚えている。冬、それも江戸時代...想像しただけでも寒くなる。ブルブルブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日

初春花形歌舞伎@演舞場 制作発表記者会見 その2

やっと(笑)、公演についての記事が出ました。海老蔵さんは、「伊達の十役」について、十役はそれぞれに難しいけれど、その中でもキーポイントにあげている役は政岡。「先代萩」で八汐をする機会はあるでしょうけれど、政岡をすることはまずないと言ってよいので、実は、密かに政岡に注目して見るつもりでいた。

ぴあ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月25日

初春花形歌舞伎@演舞場 制作発表記者会見

今日、お正月の演舞場の初春花形歌舞伎の制作発表記者会見が行われた模様。毎日新聞と言えども、公演の内容よりも海老蔵さんの婚約の話題が中心(笑) もうちょっと公演について書いてあっても良いんじゃない? 気持ちは分かるけどsmile 

毎日新聞(写真付き) 海老蔵さんの写真が結構載っている。確かに以前よりもかなり穏やかな表情。今が一番いい時かもwink

オリコン(写真付き)

サンケイ(写真付き) こちらも公演の話題はほとんどZERO(^^; どうしても結婚の話題が中心になってしまうみたい。

産経ウェブキャスト(動画)※期間限定 すっかり落ち着いちゃいましたねぇdelicious

時事通信(動画)※期間限定 内容は産経とほぼ同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日

2010年6月海老蔵さんロンドン公演情報その2

前回のロンドン公演のプロモータをチェックして、劇場をチェックしなかったのは片手落ち。ということにさっき気がついてSadler'sWells Theatre(サドラーズウェルズ劇場)のサイトを見に行ったら、すでに公演のサイトができていた。チケットも発売しているみたい。びっくり(@@) (→こちら

サイトによると、公演期間は2010年6月4日(金)~15日(火)。演目は、義経千本桜からの見取り狂言となっている。海老蔵さんは義経の家来と狐の精2役と書かれているし、"Gallery"を見ると、「鳥居前」、「吉野山」、「四の切」の写真が載っているので、この3つ?でも、開演が7時半なので、3演目だと長すぎるから「四の切」ともう1演目?いずれにしても、ロンドンまでは行かれないので、日本側の正式発表をおとなしく待っていよう。

"Video"は、四の切の一番最後宙乗りに移る場面を流している。なぜかVideoのテロップの日付が2日~13日になっている。最初は、そのスケジュールだったのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月21日

2010年6月海老蔵さんロンドン公演

すっかり、放置してしまったブログ。仕事も一段落したし、海老蔵さんと小林麻央さんの婚約というおめでたいニュースも入ってきたし。ゆるゆるボチボチ復活。

ブログ復活第一弾の話題は、やっぱり海老蔵さんがらみ。雑誌『アマレーナ』12月・1月合併号の海老蔵さんのインタビュー記事によると来年の6月に座頭でロンドン公演をやるそうな。ロンドン公演だったら、プロモータは、たぶん前回と同じだろうと、早速Askonas Holtのサイトを見てみたら、すでにページができていた。(→こちら) 日程など詳しいことは、まだ書かれていないけれど、演目は「義経千本桜」から。「四の切」だけ決まっている。写真が鳥居前なので、「鳥居前」がつくのかな? 「川連法眼館」ではなく「四の切」というのがさすがロンドン?!wink 

来年前半は、忙しそうなので、挙式は秋頃なんでしょうかしら? ともあれ、30代の挑戦はさらに続きそうなので楽しみ(^^) 

突然の婚約のニューズは驚いたけれど、小林麻央さんの写真を見たら、目元が妹のぼたんさんに似ている感じがしたので(つまりは團十郎さんに似ている?)、結構すんなり納得happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »