« 解説者に注目?! | トップページ | 9月は京都に行こう! »

2010年5月 3日

歌舞伎は永遠です

先月末で、歌舞伎座が立て替えのために閉場しましたが、歌舞伎がなくなるわけではありませぬ! 千穐楽の歌舞伎座の外の異様な盛り上がりに、もしかして誤解されている方もいるんではとついついいらぬ心配をしてしまいましたcoldsweats01

新しい歌舞伎座ができるまで、色々な劇場で歌舞伎が行われますが、その中でも主要劇場となる新橋演舞場に櫓が立つそうです。

明日の初日の昼の部に行く予定なので、朝起きられたら行ってみようかと(たぶん、見逃すことになりそうですが...)

【5月4日(火)から新橋演舞場に櫓が立ちます!】

歌舞伎座でもおなじみの櫓(やぐら)が、新橋演舞場の正面玄関上に新しく立つことになりました。出演俳優が参加してのお披露目セレモニーを下記の日時より 行います。是非ご覧下さい。
5月4日(火) 午前9時30分開始予定

|

« 解説者に注目?! | トップページ | 9月は京都に行こう! »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

今頃ごめんなさい。自分のことばかりでなかなか時間が取れなくてcoldsweats01
このセレモニーご覧になりましたか? 私は見てまいりました(kirigirisu様のお姿はお見かけしなかったように思いますが、ボンヤリな私のことですから…。
やはり役者さんも歌舞伎がなくなると誤解されることを心配しているようでした。勘三郎さんもタクシーで「3年間失業しちゃうね」というようなことを言われたとか。
歌舞伎がなくなったら、生きていかれませんわbearing

投稿: SwingingFujisan | 2010年5月11日 16:49

SwingingFujisanさん、こんばんは

案の定、9時半に間に合うようには起きられなくて見逃しましたcoldsweats01
というか、昼の部は滑り込みでしたsweat01

夜の部の「助六」でも通人役の猿弥さんも歌舞伎座は建て替えであること、その間、色々な劇場で歌舞伎をやることを宣伝されていましたっけ。

千穐楽のあまりの盛り上がり方に、普段あまり歌舞伎をご覧になっていない方々の中には誤解されている方もいるのではないかとちょっと心配しちゃいました。

これまでも歌舞伎自体の存続の危機が何回もあったようですが、それでも生き残ってきたのですから、これからもしたたかに残っていくだろうとは信じています(^^)v 今月の演舞場の花形歌舞伎を見るにつけ、歌舞伎の未来は明るいと思いますshine

投稿: kirigirisu | 2010年5月11日 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/48255869

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎は永遠です:

« 解説者に注目?! | トップページ | 9月は京都に行こう! »