« 2010年6月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年8月

2010年8月14日

第13回 能楽現在形@千秋楽 8/10

2006年4月27日に第1回公演で幕を開けた「能楽現在形」が2010年8月10日の第13回公演で千秋楽となった。第1回と第12回の2回を除いた11公演を見たのだが、私のささやかなお能鑑賞経験の約60~70%くらいにあたる。野村萬斎、一噌幸弘、亀井広忠という3人の異才が主催する「能楽現在形」。普通のお能の公演よりもやや刺激的?な雰囲気が好きで、毎回とても楽しみにしていたので、非常に残念。「能楽現在形」の能楽堂版は今回が最後だけれど劇場版は今後も続けられる模様。ちなみに、世田谷PTで12月17日と18日の公演が決定している。演目は能「安達原」と半能「絵馬」。

実は、今回の「野宮」は、わたしには「豚に真珠」になるのは必定なので、行こうかどうか散々迷ったのだが、千秋楽ということで行くことにした。案の定、やっぱり「豚に真珠」。どうにも夢幻能は苦手。おまけに、題材が源氏物語で二重苦(^^;;  眠くなるわけでもなく、かといって舞台にも入り込めず。約2時間ほどボ~としていた。

二番面の舞囃子「天鼓」のおシテは、イケメンさん。おぉっこれはと眼をパッチリと開けて(もしかしたら口もあいてたかも(^^;) 見入っていたのだけれど、途中で笛が気になってしまい、しばし気もそぞろ。「天鼓」を聞いたのは、たぶん初めてか2回目くらいなので、全く分からないのだけれど、どうもなんだか笛がヘン。というかお囃子がかみ合っていないような気がした。

最後の「越後聟」の萬斎さんのアクロバティックな動きに(@@) 本舞台から橋がかりにななめに飛び込み前転(?)にはびっくり。あの勢いで飛び込んで、せまい橋がかりでぴたっと着地するのは至難のワザなのでは?びっくりしているうちに終わってしまった。しかし、やっぱり笛がどうも肌(耳?)に合わない。幸弘さんの笛になれてしまったからなんでしょうか?(松田さんはあまり気にならなかったのだけれど...)

続きを読む "第13回 能楽現在形@千秋楽 8/10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日

九月大歌舞伎@京都南座

9月の京都南座公演「義経千本桜」の通し。玉三郎さんと海老蔵さんの名前しか出ていませんでしたが、やっと、その他の主な配役が歌舞伎美人のサイトに発表された。→こちら

せっかくの通しなので、一日ぶっ通しで見ようかなと思いつつも、やはり、一日で見るのは体力的にちときついかなと。将来的に東京でも通しをやる可能性は非常に高いことを考えると、2日に分けて見ることになりそう。今週の土曜日が先行発売日。

京都南座に行くのは海老蔵襲名公演以来なので、席の割り振りを劇場に確認したら、な、なんと、1階と2階は特別席と一等席のみ(@@)  おまけに一等席の料金は、歌舞伎座や演舞場よりも割高。うぅ~ん どないしょwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プロフェッショナル仕事の流儀」スペシャル

8月19日(木)に、「市川海老蔵スペシャル 荒ぶる魂、覚悟の舞台へ」と題して、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」(7:30pm~8:43pm)のスペシャル版が放映される予定。番組のサイトに予告の動画が掲載中→こちら
実は、この日は演舞場の花形歌舞伎の3部を見に行く予定。録画するのを忘れないようにしなくっちゃ。

この番組のキャスターであった茂木健一郎氏との対話集『眼に見えない大切なもの』(講談社刊)は、海老蔵さんの目に見えないものに対する考え方がとても興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年12月 »