« 九月大歌舞伎@京都南座 | トップページ | 人間万事塞翁が馬 »

2010年8月14日

第13回 能楽現在形@千秋楽 8/10

2006年4月27日に第1回公演で幕を開けた「能楽現在形」が2010年8月10日の第13回公演で千秋楽となった。第1回と第12回の2回を除いた11公演を見たのだが、私のささやかなお能鑑賞経験の約60~70%くらいにあたる。野村萬斎、一噌幸弘、亀井広忠という3人の異才が主催する「能楽現在形」。普通のお能の公演よりもやや刺激的?な雰囲気が好きで、毎回とても楽しみにしていたので、非常に残念。「能楽現在形」の能楽堂版は今回が最後だけれど劇場版は今後も続けられる模様。ちなみに、世田谷PTで12月17日と18日の公演が決定している。演目は能「安達原」と半能「絵馬」。

実は、今回の「野宮」は、わたしには「豚に真珠」になるのは必定なので、行こうかどうか散々迷ったのだが、千秋楽ということで行くことにした。案の定、やっぱり「豚に真珠」。どうにも夢幻能は苦手。おまけに、題材が源氏物語で二重苦(^^;;  眠くなるわけでもなく、かといって舞台にも入り込めず。約2時間ほどボ~としていた。

二番面の舞囃子「天鼓」のおシテは、イケメンさん。おぉっこれはと眼をパッチリと開けて(もしかしたら口もあいてたかも(^^;) 見入っていたのだけれど、途中で笛が気になってしまい、しばし気もそぞろ。「天鼓」を聞いたのは、たぶん初めてか2回目くらいなので、全く分からないのだけれど、どうもなんだか笛がヘン。というかお囃子がかみ合っていないような気がした。

最後の「越後聟」の萬斎さんのアクロバティックな動きに(@@) 本舞台から橋がかりにななめに飛び込み前転(?)にはびっくり。あの勢いで飛び込んで、せまい橋がかりでぴたっと着地するのは至難のワザなのでは?びっくりしているうちに終わってしまった。しかし、やっぱり笛がどうも肌(耳?)に合わない。幸弘さんの笛になれてしまったからなんでしょうか?(松田さんはあまり気にならなかったのだけれど...)

◆能「野宮」小書:干之掛

シテ/前 里の女・後 六条御息所の霊 片山清司 (観世流)
ワキ/旅の僧 宝生欣哉  アイ/里の男 野村萬斎
笛/松田弘之   小鼓/成田達志  大鼓/亀井広忠
地謡/梅若玄祥、岡 久広、梅若晋矢、観世喜正、山崎正道、谷本健吾、坂口貴信、川口晃平 
後見/観世銕之丞、味方 玄

◆舞囃子「天鼓」盤渉
シテ/坂口貴信
笛/竹市学   小鼓/成田達志  大鼓/亀井忠雄 太鼓/助川治
地謡/梅若晋矢、観世喜正、山崎正道、谷本健吾、川口晃平

◆狂言「越後聟」祝言之式
シテ/野村萬斎
笛/竹市学   小鼓/成田達志  大鼓/亀井広忠 太鼓/助川治
地謡/石田幸雄、深田博治、高野和憲 野村遼太
後見/月崎晴夫

|

« 九月大歌舞伎@京都南座 | トップページ | 人間万事塞翁が馬 »

「能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/49140603

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 能楽現在形@千秋楽 8/10:

« 九月大歌舞伎@京都南座 | トップページ | 人間万事塞翁が馬 »