« 謹賀新年 | トップページ | 寿 初春大歌舞伎@演舞場 昼の部 »

2011年1月 5日

最後の忠臣蔵

歌舞伎よりも映画を先に見たのはいつのことでしょう。1月は、これからいろいろと用事が入っているので見損なわないうちにと「最後の忠臣蔵」を見てきた。原作の池宮彰一郎氏の小説を読んでいるので、どうしても原作と比べてしまうし、最後のシーンがとても印象的だったテレビ版も記憶に残っているので、えぇ~??そうくるかとツッコミたくなるところも多々。とはいえ、原作を読んでから見た映画の中ではイメージの破綻は比較的少ない方かもしれない。芸達者な役者さんが揃っていて映画としては悪くはないと思うので、もしかしたら原作を読まず、テレビ版もみていなければ、もうちょっと楽しめたかもしれない。笈田 ヨシさんと役所広司さんの存在感が際立っていた。

文楽の「曾根崎心中」を挿入させていて印象的だし絵面的にはきれいだけれど、あれは孫佐の心情と重ね合わせようとしているのだろうか。とすると、ちょっと違うような気がする。最後は、内蔵助の命を受けたときから孫佐が覚悟していたことなんだろうと思う。

文楽を上演していた小屋の感じが金丸座によく似ているなと思ったら、クレジットタイトルに「琴平町」と出ていた。帰宅してからネットで検索したら、金丸座でロケをしたという記事を見つけた。(→

素の仁左さまは渋かったなぁ...映画で仁左さまを見たのは初めてかもしれない。昨年の舞台では、10月の佐々木盛綱は本当に素敵だったheart04あんなに素敵な盛綱は他にはいないだろうなぁ。和田兵衛秀盛役の團十郎さんと二人で舞台に並ぶと舞台がキラキラshineしてまぶしかった。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 寿 初春大歌舞伎@演舞場 昼の部 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/50496008

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の忠臣蔵:

« 謹賀新年 | トップページ | 寿 初春大歌舞伎@演舞場 昼の部 »