« 2011年8月 | トップページ

2011年9月

2011年9月 3日

秀山祭九月大歌舞伎 又五郎&歌昇襲名公演夜の部 9/2

この2日ほど、台風typhoonが上陸するかもという予報にビクビク。 大好きな新又五郎&新歌昇さんのおめでたい襲名公演ですから多少の雨風なら行っちゃうぞと意気込んでいましたが、首都圏はほとんど雨が降らず、無事に夜の部に行ってきました。

無事に演舞場には辿り着いたものの、なんだか頭の上に?????マークだらけな日でした。

『沓手鳥孤城落月』
淀君の第一声を聞いたときに、芝翫さんの声ってこんなに福助さんに似てたっけと、まず?が一つ。客席の方に振り向いたときに、芝翫さんって、もうちょっと顔が大きくなかったっけ?立ち上がったら7頭身くらいある。あれれれれれ...?(この辺で気がつけよ!>ぢぶん)

三階席でしたので、あわててオペラグラスで確認。もっと早く気がつけばいいものの、淀君は芝翫さんって思い込んでいたので、お芝居を見るどころではなくて、しばらく頭の上に???マークが飛び交ってしまい、気がついたときにはお芝居も終盤think

体調不良により芝翫さんは当面休演されるそうで、代役は福助さん。芝翫さんの淀君がお目当てだったのでちょっと残念。

『口上』
芝翫さんが休演されたため、中央の席に吉右衛門さん。急な代役とあって吉右衛門さんのご挨拶がかなりしどろもどろ。ご自分でも「なにを言いいだすか分かりませんので...」とおっしゃってましたっけ。(^^; そんな吉右衛門さんのお姿に客席も暖かいまなざし。私も「大丈夫、ガンバレガンバレ」と客席から応援。魁春さんにバトンを渡したところで、見ているこちらも「ホッ」としました。列座のみなさんのお祝いの言葉もさることながら、歌六さんのお兄さんならではの暖かい言葉にちょっとホロっとしました。

『車引』
又五郎さんのスカッとして凛々しい梅王丸。見ていて気持ちが良かったのですが、一旦、揚げ幕に引っ込んでから、再度、花道から舞台に登場したときに、黒衣さんが一緒に登場。あれぇ~???なんだろう???黒衣さんがずっと後ろにいて離れない。プロンプタなわけないし...とかなり気になってきた。お芝居よりもつい後ろの黒衣さんの方に気を取られてしまう。方向転換をするときにちょっと右足を引きずるような感じがしたので、もしかしたら、足を痛められたのかも...70代、60代、50代の三つ子の丁々発止を楽しみにしていたのですが、ついつい梅王丸の足を見てしまって、気がついたら幕でした。

気になったので、どこかに情報がないかと探してみたら島田裕巳さんのTwitterに、やはり足を痛められたらしいと書かれていました。大事ないとよいのですが...ちょっと心配。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ