漫画

2009年7月29日

現代の草双紙で新規顧客開拓? 

海老蔵五右衛門が舞台と同時期に漫画に。明日30日発売の週刊モーニングから短期連載される(→こちら) 成田屋のサイトにも紹介されている。

タイトルは『風と雷』で、漫画家さんは、星野泰視さん。
 前半が、35号(7月30日発売予定)と36・37合併号(8月6日発売予定)、38号(8月20日発売予定)の3回。
 後半は、9月24日発売予定号より3回の連載予定です。
 後日単行本化も予定されております。

最近、ほとんど漫画を読んでいないので星野泰視さんの絵柄のイメージが湧かない。週刊モーニングにちょこっと載っている絵を見ると、海老蔵さんをモデルにしているのか、目の大きな歯並びのよい五右衛門さんになっている(^^) 明日発売の号には、海老蔵さんと樹林伸さんの対談が掲載されるとのこと。せっかくの新作なので、まっさらな状態で見たいので漫画は舞台を見終わってからにするつもりでいたのですが...どうしようかなぁ...漫画を見ずに対談だけ読むっていうのは至難のワザ。ここは、じっとガマンの子。

原作者が漫画の原作を多く手がけている方とは聞いていたけれど、まさか漫画になるとは思わなかった。でも、考えてみれば、「児雷也」なんかも草双紙から歌舞伎になったものだし、逆に人気の歌舞伎を草双紙にしたものも多いと聞く。そう考えると漫画と歌舞伎のコラボも新しい観客層を発掘するにはよい手段かもしれない。「週刊モーニング」のターゲット層は若手から中堅のサラリーマンあたりなので、新規顧客開発になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月30日

かぶく者第5巻

第5巻がそろそろ出てもいい頃なので某書店のコミックコーナーを探索。これまでよりもかなり地味な表紙。お話の方は無事に『連獅子』が終了し、今度は『四谷怪談』。これまでは、こんなのありえなぁ~い!!という突拍子もないところがツボでしたが、そういう意味では、今回はやや低調かも。

巻末の原作者のデビット・宮原さんの「歌舞伎鑑賞術」の蘊蓄がなかなか面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日

かぶく者第4巻

Photo そろそろ第4巻が出てもよいころと先日本屋さんを物色したときには見逃した「かぶく者」。無事ゲットしてきました。今回は、新九郎が「連獅子」の子獅子に挑みます。相変わらず「ありえねぇ~」とツッコミどころ満載ですが、毛振り体力養成メットには笑っちゃいました。

第5巻は来年の6月末に発売予定とか。「連獅子」の決着は5巻で。引っ張りますのぉ~ その後に四谷怪談に突入だそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)