成田屋

2011年7月 9日

御園座第四十七回吉例顔見世

すでに主な出演者は発表されていましたけれど、演目と配役が発表されました。(→歌舞伎美人) 又五郎さんと歌昇さんの襲名披露ということもあるけれど、久々にウキウキo(*^▽^*)oする演目と配役。私のご贔屓さんオンパレード。こういうのを見たかったの。顔見世はこれでなくっちゃ。團十郎さんの助六に海老蔵さんの福山のかつぎ(&口上)。 これぞ成田屋の助六heart04 歌六さんの通人なんていうのも嬉しい(^^)

三津五郎さんと海老蔵さんの「棒しばり」も刮目だわ。

お昼の「八犬伝」も見逃せない。種太郎改め歌昇さんがお兄さん世代の立役の筆頭である海老蔵さんと染五郎さんにどれだけかくらいついていくか。その次の世代を代表する立役になるであろう新歌昇さんと海老・染の競演がとっても楽しみ。なぜ、東京でこういう顔見世がないのぉ~ 名古屋に通いたいよぉ~ 

この座組の演目と配役の妙は、動いては いてもどこか噛み合っていなかった歯車がカチッと噛み合った瞬間の快感というのでしょうか、霧が一気に晴れたような爽快さを感じました。海老蔵襲名のときに團十郎さんが病に倒れ、闘病中や復帰後間もないときは海老蔵さん中心に動かざるを得なかったけれど、團十郎さんが完全復帰された後も、なぜか海老蔵さんの座頭公演がとても多く、お二人が同座されることが少ないのことを少々いぶかしく思ってました。海老蔵贔屓としては、海老蔵さんが多くの大役を勤められるのを見ることは嬉しい反面、どこか違和感を感じていました。復帰後の7月演舞場、9月の松竹座を経て、10月の御園座で、その軌道修正がなされていることがハッキリと示されたようでとても嬉しい。急がなくてもいい、海老蔵さんには王道を歩いて欲しい。そう心から願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日

七月大歌舞伎@演舞場 初日

昼の部の『勧進帳』 「まってました!!」「成田屋!!」の声と大きな拍手に迎えられた海老蔵さんの富樫。やや緊張の面持ち。その緊張が富樫組(番卒&太刀持ち)にも伝わったのか、富樫組がやや硬く全体的に歯車がうまくかみ合っていないように感じたところもありましたけれど、これは日を追ってこなれてくることでしょう。團十郎さんのどっしりと重心が下にある安定感のある弁慶がやっぱり好き。海老蔵さんの弁慶に團十郎さんの富樫もどうしても見たいぞ!!

夜の部の『鏡獅子』 これだけピュアな獅子を見たのは初めてかもしれませぬ。毛振りの回数や毛の放物線の美しさ云々を超えて、ただただ無心に毛を振り続ける海老蔵さんの姿にウルウルしっぱなし。客席の万雷の拍手もただ単に毛振りの回数の多さに対してだけではなくて、とても暖い気持ちのこもったものでした。幕が降りても、しばらくは余韻に浸っていたくて席を立つのがためらわれたくらいでした。傳左衛門さん、傳次郎さん、傳八郎さんの気合いのこもったお囃子と笛(福原友裕さん?)が相まって本当に素晴らしい舞台でした。(傳次郎さん、ちょっと泣きそうなお顔をしていたようにお見うけしました) 昼の部の方がチケットが売れているようですが、夜の部の『鏡獅子』は必見です。

新作歌舞伎はもともと苦手なのですが、昼の部の楊貴妃は、今まで見た新作歌舞伎の中で一番ダメかもしれませぬ(^^;; 。これはもう単純に好き嫌いの世界なので、誰がどうというものではないのですが...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 7日

うわっ!! 9月は大阪にGO!!

歌舞伎美人サイト(→こちら)に9月の松竹座(9月1日~25日)の主な出演者と演目が発表されました。成田屋一門+翫雀親子+澤瀉屋一門という座組。あら、夜の部は、また「勧進帳」なのね。と思いきや、な、なんと、弁慶が海老蔵さんで富樫が團十郎さんではありませんか(@@) パリオペラ座公演の映像を見たときに、一度でいいからこの組み合わせで勧進帳を見てみたいと思っていたので嬉しい~heart04 このときは、病み上がり間もない團十郎さんを気遣って、海老蔵さんがダメモトで弁慶を交代で演じることを提案したと言ってましたね。たとえ親であろうとも、襲名公演かなにか特別な機会でなければ格上の役者さんが富樫につきあってくださることはないですもんね。

これは、必見でしょう。なにがなんでも9月は大阪にいかなくっちゃrun

7月の演目や御園座の演目(まだ未定ですけれど)を見るにつけ、海老蔵さんのあらたな出発に際して、團十郎さんの親心がヒシヒシと感じられます。この7月からがある意味本当の海老蔵襲名公演なのかもしれませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日

今年の御園座顔見世は賑やかだわ

今年10月の御園座の顔見世公演(10月1日~26日に、團十郎さん、吉右衛門さん、三津五郎さんが出演されること(御園座サイト)や又五郎さん&歌昇さんの襲名披露もあること(歌舞伎美人)は、すでに発表されていますが、さらに、海老蔵さん、染五郎さんも出演されることが発表されたヽ(´▽`)/(asahi.com)  今年の名古屋は賑やか、賑やかlovely   どこぞに「助六」がかかることだけは決まっていると出ていたっけ。どこだっけかな? あった、あった。(→こちら

助六はパパでしょうか海老蔵さんでしょうか? 海老蔵さんが助六なら、白酒売りは染五郎さんがいいな(^^) 去年の5月の助六では、本当に兄弟みたいでとってもよかったですもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月20日

一命@カンヌ映画祭公式上映

カンヌ映画祭のコンペティション部門に参加している海老蔵さん&瑛太さん主演の「一命」が公式上映された模様。(公式サイトより)

三池監督のインタビューや記者会見は、カンヌ国際映画祭の公式サイト(→こちら)で見ることができます。3D映画と聞いて、なんで時代劇で3Dなの?と疑問に思っていたのですが、映像が飛び出すわけではなくて、奥行きを出すために3Dを使ったそうです。知りませなんだcoldsweats01

映画も公式予告編以外の海老蔵さんの映像がYou Tubeに2種類出ています。
こちら(後半?)
こちら(お食い初め) 「孫...」は、ちょっと気の毒かなぁ(笑)

10月の公開が楽しみ。その前に7月の演舞場だわ。o(^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 1日

七月大歌舞伎@演舞場

海老蔵さんの復帰公演となる七月大歌舞伎@演舞場(7月2日~7月26日)の演目が発表された。(歌舞伎美人) 昼の部の「勧進帳」、夜の「鏡獅子」(富樫)。やっぱり、歌舞伎十八番と新歌舞伎十八番からでした。海老蔵さんの出演する4演目は、海老蔵さんに対する團十郎さんの思いがいっぱい詰まっていて、胸が熱くなるweep 初日は、なんとして駆けつけなくっちゃrun 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日

一命(特報その1)

第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品される海老蔵さん主演の映画「一命」。公式サイトに30秒の動画がアップされていました。「特報」をクリックすると動画を見ることができます。松竹チャンネルでもみることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日

團菊祭五月大歌舞伎@松竹座(2011年)

歌舞伎美人のサイトに演目と主な配役が発表された。(→こちら) 演目次第では、久々に遠征しようかなと考えていたのだけれど、おなじみのものばかりだし、東京は明治座の花形公演と演舞場があるので、遠征は夏以降にすることにした。

ところで、ほうおうによると明治座の花形歌舞伎はポイントがつかいないようだ。今年度は特別会員に転落してしまったので、リベンジを図るつもりなのだけれど、来年度もあと一歩でゴールドに辿り着けないかもsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日

九月大歌舞伎@京都南座

9月の京都南座公演「義経千本桜」の通し。玉三郎さんと海老蔵さんの名前しか出ていませんでしたが、やっと、その他の主な配役が歌舞伎美人のサイトに発表された。→こちら

せっかくの通しなので、一日ぶっ通しで見ようかなと思いつつも、やはり、一日で見るのは体力的にちときついかなと。将来的に東京でも通しをやる可能性は非常に高いことを考えると、2日に分けて見ることになりそう。今週の土曜日が先行発売日。

京都南座に行くのは海老蔵襲名公演以来なので、席の割り振りを劇場に確認したら、な、なんと、1階と2階は特別席と一等席のみ(@@)  おまけに一等席の料金は、歌舞伎座や演舞場よりも割高。うぅ~ん どないしょwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プロフェッショナル仕事の流儀」スペシャル

8月19日(木)に、「市川海老蔵スペシャル 荒ぶる魂、覚悟の舞台へ」と題して、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」(7:30pm~8:43pm)のスペシャル版が放映される予定。番組のサイトに予告の動画が掲載中→こちら
実は、この日は演舞場の花形歌舞伎の3部を見に行く予定。録画するのを忘れないようにしなくっちゃ。

この番組のキャスターであった茂木健一郎氏との対話集『眼に見えない大切なもの』(講談社刊)は、海老蔵さんの目に見えないものに対する考え方がとても興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧