演劇

2009年10月23日

蛮幽鬼(10/23)

Photo 仕事が押しているので、本当はこんなことしている場合ではないのですが、どうしても見逃したくなかったので、強行突破。どうせ都心に行くのだからと、観劇前に仕事の資料を探しに八重洲ブックセンター、その後美容院によってボサボサ頭をカット。身も心もスッキリ。明日から仕事に励めそうhappy01

評判どおり早乙女太一さんの立ち廻りは見応えあり。長い手足を十分に使ってキレのある動きはひときわ美しい。堺雅人さんの立ち廻りは、早乙女さんや上川さんに比べてちょっぴりキレが悪いかなという印象はあるものの、この人は決して足音を立てて歩かないし走らないし、気配を消しているだろうな思わせる身のこなしはさすが。このサジという得体の知れない人物。非常に危険な人ではあるのだけれど、その飄々とした話しぶりと身のこなしでその雰囲気を消して、独特の存在感を感じさせる。サジが登場するとその場とは違う空気をまとっているような感じがした。堺さんの舞台役者としての魅力を再認識。もっと舞台に出て欲しい。

上川さん演じる伊達土門/飛頭蛮の人間くささとの対比がハッキリしてておもしろかった。二人の共演を楽しみにしていたので、無理してでも見に行った甲斐があったというもの。あともう一人のお目当ての山本亨さん。お目当てといいながら、どの役なのか把握していなくて、蔵人をやっているのはだれ?とチェックしたら、山本さんでした(^^;

これで、迷っていた「ヘンリー六世」を見に行くことを決心。とはいっても、来年の3月の予定など皆目わかりませぬ...

☆蛇足☆
これまで、マントを翻させたら日本一の役者は海老蔵さんと信じて疑っておりませんでしたが、上川さんも同点首位くらいかとlovely(今回の衣装は、正確にはマントとは言わないかもしれませんが...) ヘンリー六世ではマント着ないかしらん?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月28日

死神の精度@シアタートラム(8/27)

原作があるのも、原作者の伊坂幸太郎さんも、演出家の和田憲明さんも知らなかった。もちろん、映画化されているのも知らなかった(恥)。一度、生で香川照之さんのお芝居を見たかったのと、ラサール石井さんと中川晃教さんという不思議な組み合わせになんとなく心惹かれた。

ちらしを見たときは絶対に見に行くと張り切っていたのだけれど、チケット発売日をコロっと忘れてしまい気が付いたときは完売(--; 気合いが足りなかったのだから仕方がないとそのときは諦めた。ところが、後日、別件でチケットを探しにいったついでに見たら、な、なんと、27日だけ△マークがついていた。後方の席だったけれど、たった一枚だけ残っていた。すかさずゲットscissors 

続きを読む "死神の精度@シアタートラム(8/27)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 7日

蛮幽鬼の公式サイトオープン

5日に見たときはトップページだけでしたが、明日の一般発売を前に、蛮幽鬼の公式サイトがオープンしていました。(→こちら

陰謀渦巻く架空の古代国家を舞台に『モンテ・クリスト伯』のような復讐劇をモチーフにしたお話のようです。

あらすじやキャストに加えてスタッフの情報も載っています。人ごとながらやきもきしていましたがこれで一安心(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日

うわぁ~見たいぞ!!

劇団☆新感線や上川さんや堺さんや他の出演者のファンの方々はとっくにご存じなんでしょうが、こんなもの見つけちゃってドッキドキのわたくしhappy01heart04

10月の新橋演舞場は『蛮幽鬼(ばんゆうき)』(→演舞場のサイト)だそうです。中島かずき作、いのうえひでのり演出。出演は、上川隆也、稲森いずみ、早乙女太一、堺雅人、橋本じゅん、粟根まこと、高田聖子、山内圭哉、山本亨、千葉哲也ほか

チケット争奪戦がすごそうですが、"Inouekabuki-Shochiku-mix"とあるので歌舞伎会の先行発売に期待しよう...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 4日

7月の桜姫@コクーン

Bunkamuraのサイトに7月の桜姫(歌舞伎バージョン)の簡単な案内が出ていました。

Bunkamura20周年記念企画
桜姫 -歌舞伎

公演日程:2009年7月9日(木)~30日(木)

『桜姫の七月』現代の歌舞伎として15年間進化し続けたコクーンの歌舞伎
出演:中村勘三郎 他
※詳細は3月中発表

6月の現代劇版のチケットと詳細がアップされています(→こちら

料金:S¥12,000 A¥9,000 コクーンシート¥5,000 (税込)

一般発売:4月29日(水)
※小学生未満のお子様はご入場いただけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日

桜姫の現代劇版 主な配役

Bunkamuraのサイトにさりげなぁ~く配役が追加されていました。かなりこゆ~いキャスティングですね(^^; 個性的というかかなりテイストが異なる方々ですが、どういうことになるんでしょうか...わたしは、歌舞伎版だけでいいかなぁ...

Bunkamura20周年記念企画
桜姫 -現代劇版

公演日程:2009年6月7日(日)~30日(火)

『桜姫の六月』コクーン歌舞伎が生み出した現代劇
原作:鶴屋南北 脚本:長塚圭史 演出:串田和美
出演者:秋山菜津子、大竹しのぶ、笹野高史、
白井晃、中村勘三郎、古田新太
一般発売:4月29日(水・祝)※詳細は3月上旬発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日

桜姫の現代劇版

Bunkamuraのサイトをのぞいてみたら、仮ちらしが載っていました。

Bunkamura20周年記念企画
桜姫 -現代劇版

公演日程:2009年6月7日(日)~30日(火)

『桜姫の六月』コクーン歌舞伎が生み出した現代劇
原作:鶴屋南北 脚本:長塚圭史 演出:串田和美
出演:中村勘三郎 他
一般発売:4月29日(水・祝)※詳細は3月上旬発表

鶴屋南北さんの「桜姫東文章」を長塚圭史さんの脚本で現代劇をやるということのようですが、これだけではなんのこっちゃsign02ですね。出演者のところには勘三郎さんのお名前しか書かれていません。コクーン歌舞伎ではいつも一座する橋之助さん、扇雀さんや子息達は博多座ですから、6月はどなたがご一緒するんでしょうかしら。興味津々cherryblossom 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月30日

桜の季節は悩ましい...

なぜか、毎年4月は見たいものがめじろ押し。もうちょっとばらけてくれると助かるのですが...

愛之助さんと獅童さんが出演される「赤い城 黒い砂」の制作発表が行われたそうです。(→ぴあ) 公演は4月3日(金)~5日(日)まで京都・南座、4月11日(土)~26日(日)まで東京・日生劇場。このお二人が歌舞伎で一緒の舞台に立たれるというのであればさほど珍しいことではありませんが、歌舞伎以外の舞台での共演というのでちと気になっています。

4月はすでに能楽現在形3日間、御園座、歌舞伎座は確定。目下、「その男」と「赤い城 黒い砂」のどっちにしようかお悩み中happy01 両方行ければそれにこしたことはありませんけれどmoneybagも時間も足りませぬ(^^; うちからは日生劇場の方が行きやすいので「赤い城 黒い砂」にやや傾いています(ってそんなことで決めていいのか?>ぢぶん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日

その男

ゾルバではなく、池波正太郎原作の「その男」の舞台化だそうです。昨日コクーンでちらしをたくさんいただきました。あっちもこっちも見たいものばかりで目の毒になるばかりcoldsweats01 とりあえず、これは上川隆也さん主演なのでメモしておきます。公演は来年の4月なのですが、毎年4月も色々と重なることが多い(海老蔵さんの御園座公演はすでに決定済)のでまたまた困っちゃうことになる予感。こんぴら歌舞伎は、今から脱落宣言(笑)劇団☆新感線の「蜉蝣峠」のちらしも見なかったことに(^^;

『その男』(池波正太郎原作)

脚本:鈴木聡  演出:ラサール石井  作曲:上妻宏光

出演者:上川隆也、内山理名、キムラ緑子、池田成志、浪岡一喜
           六平直政、平幹二朗他

公演日:2009年4月6(月)~26日(日)

劇場:東京芸術劇場中ホール

料金:S席11,000円、A席8,000円、B席5,000円

一般前売り開始:1月25日(日)

大阪公演:2009年5月2日~27日 新歌舞伎座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日

表裏源内蛙合戦 (11/12)

Photo 休憩時間を入れて約4時間の長丁場でした。第1幕はもうちょっと刈り込んでも良かったのではないかなと思っていましたら、休憩時間にロビーに降りる途中で同じような声がちょこちょこと耳に入ってきました。

プログラムは1,800円。なぜか、巻末に蜷川さんと亀治郎さんの対談が載っています。亀治郎さんご贔屓にはお買い得かもですhappy01

続きを読む "表裏源内蛙合戦 (11/12)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)